ふるさと納税で人気の郷土料理として選択されることが多い山形のだし

山形県東置賜郡高畠町のふるさと納税のお礼の品物には郷土料理である山形だしを扱っています。夏野菜と香味野菜を細かく刻んで醤油・酒・昆布などで味付けをして、温かいご飯に載せて食べる全国的にも知名度もある料理です。

-AD-

ふるさと納税でも話題の郷土料理のだしとは

山形県東置賜郡高畠町は、山形市と米沢市の間に存在する町で米沢市寄りに立地しています。かつては米沢を中心に活躍した伊達政宗公が幼少の頃、学んでいた寺や伊達家の菩提寺もあった場所で縁もある町です。
なお高畠町での特産品の一つに、郷土料理としてお馴染みの山形のだしが存在します。ふるさと納税でも扱われており、全国区のグルメ番組などのテレビでも紹介されたことで全国的にも有名な郷土料理です。
山形のだしは、調味料の出汁ではなく、夏野菜と香味野菜を細かく刻んで醤油や酒、調味料などをまぶして味付けを行った料理です。旨味を引き出すために一晩寝かせることがありますが、新鮮野菜をそのまま食べやすい様に細かく刻み、味も付いているため、温かいご飯の上に載せて食べるのが一般的となります。

山形のだしに使われる野菜類

山形の代表的な郷土料理であるだしに使われる野菜は、大きく分けて夏野菜と香味野菜の二つに分かれます。夏野菜は茄子・キュウリなどを用い、香味野菜にはネギ・茗荷・紫蘇・ショウガを利用するのがオーソドックスです。
他にもピーマン・ニンジン・白菜なども入れることもあり、それは各家庭でアレンジした好きな野菜を用いるのが一般的です。ただベースとしては茄子とキュウリ、茗荷が欠かせないものとなっています。
また昆布の旨味を利かせる上で、刻み昆布を入れる家庭もあるほどです。
山形の高畠町では朝・昼・晩の食事には欠かすことができないもので、ほとんどの家庭でも食されることが多いです。ふるさと納税でも山形のだしを郷土料理代表として、お礼の特産品として贈ることが出来る様な体制も整っています。

高畠町のふるさと納税で貰う方法

ふるさと納税のお礼の品物として、高畠町に存在する山形のだしを選択して貰うことも可能です。その場合にはまずふるさと納税の申し込みを行う必要があり、インターネットによる方法と申込書の提出による方法の二つが存在します。
そしてお礼の品物にそれを選択して申し込みを行い、後は寄附を行うだけ済みます。寄附金額が5,000円以上から1万円未満の方が選択でき、3個パックで発送してくれます。
入金確認後、2週間から1ヶ月の間を目途に発送されて送られてきます。現地の新鮮な野菜類を使用して製造されているため、多くの方にも評判が良く、ふるさと納税でも選択されることが多いお礼の品物の一つです。
また必要な野菜などがあれば家庭でも作ることも可能ですが、その場合でも一度は本場の味を堪能してから作ると本格的に作る上でも参考になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう