うどんの特徴を比較して、ふるさと納税でお得にゲットしよう

ふるさと納税は、好きな街や応援したい街を選んでお金を寄付すると、お礼の品としてその地域の名産などがもらえるシステムです。うどんが好きな方なら、それぞれの特徴を比較して好みのものを選び、名物をお得にゲットしましょう。

-AD-

コシの強さなら讃岐がおすすめです

うどんといえば、香川県の讃岐を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。コシが強い生麺のうどんです。
一般的なうどんは、粉へ加水して玉つくり、足踏み、熟成という行程で手打ちが行われるのと比較すると、讃岐では粉への加水が多く、生地をこねて十分に熟成させたあと、足踏みと玉つくりを繰り返します。この工程が独特の強いコシを生み出していて、讃岐の特徴になっています。
讃岐のお店では、シンプルなかけうどんから始まって、大根おろしや生姜、わかめ、梅干しなどのなどの薬味類、ちくわやかき揚げなどの揚げ物、おでん、おにぎりなど、さまざまなトッピングが用意されています。自宅で好みのトッピングをたっぷり乗せて、オリジナルメニューを作ってみたい方は、ふるさと納税で香川を選んでみましょう。

つるつるとした食感なら稲庭がおすすめです

ふるさと納税でうどんを比較するなら、秋田県湯沢町で作られている手延べ製法の干しうどんである稲庭も外せません。ひやむぎより少し太く、薄い黄色がかった色をしている乾麺です。
稲庭は食用植物油を使用しておらず、打ち粉としてでん粉を使用しています。また乾燥させる前につぶすため、一般的な丸い形状ではなく、平べったい形状なのが特徴です。手延べ製法で作られることで、麺に気泡が入って中空状態になるため、口に入れた時につるつるとしたなめらかな食感を楽しむことができます。
ざるやぶっかけなどの冷やし麺として食べると、一般的な麺と比較してのどごしの良さがよくわかります。冷しゃぶ、ジャージャー麺などにも合います。もちろん、温かいつゆをかけて食べるのもおすすめです。つるつるとした食感を楽しみたい方は、ふるさと納税で秋田県の街を選びましょう。

名古屋には2種類の麺があります

もうひとつ比較するなら、愛知県はいかがでしょうか。愛知県の名古屋市には、きしめんや味噌煮込みうどんなどの有名な麺が揃っています。
きしめんは平打ちで、厚さは1mm、幅は7~8mmと非常に平べったい麺です。ゆでると表面は透明感があってつやつやしています。口に入れるとなめらかな食感ですが、柔らかいけれど噛んでも簡単には噛みきれない弾力があります。パンチのきいた濃いめのつゆで食べるのが名古屋の味です。
味噌煮込みうどんも、名古屋名物として有名です。小麦粉と水だけで作られた噛みごたえのある硬めの麺と、八丁味噌を使った色の濃い粘りのある味噌味のつゆを土鍋に入れてぐつぐつ煮れば、自宅でも好きな時に名古屋名物を食べることができます。野菜やかまぼこ、卵などを加えて、本格的に作ってみるのもおすすめです。
名古屋名物の麺を食べたい方は、ふるさと納税で愛知県の街を選びましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう