ふるさと納税で寄附すると数量限定の和菓子を贈ってくれる自治体

ふるさと納税の返礼品にスイーツをカタログに掲載している自治体が多く、寄付金額に応じて大福や煎餅などが貰えます。そこで、滅多に食べられない数量限定の和菓子を紹介していきましょう。

-AD-

ふるさと納税で貰える返礼品の注意点

ふるさと納税は自分が任意で設定した自治体に寄付することで、所得税還付と個人住民税の控除ができる制度です。近年話題になっている理由は、税金が安くなるだけでなく地域限定の記念品や特産品が返礼品として貰えるからです。返礼品は食品やアルコール飲料のほか、大手旅行会社が発行した旅行券や商品券があります。テレビや雑誌で取り上げられる事も多いのでご存知の方も多いでしょうが、こういった返礼品は自治体から感謝の気持ちとして送られるため、オークションサイト等で転売するのは止めましょう。転売が発覚した場合、カタログから特産品が削除される可能性もあり、全国に住むふるさと納税利用者にとって迷惑な行為です。申し込み後に返礼品が不要になったら、友人や親族間で使いましょう。

北海道音更町の和菓子

音更町は北海道十勝総合復興局管内にあり、北海道で一番人口が多い市町村として知られています。音更町の経済は主に農業で、小麦と小豆は収穫量が日本一を誇ります。そのほか、人参は北海道で一番出荷量が多いです。ふるさと納税で北海道音更町に一定額以上寄付した場合、シャイニングコーンホワイトという白いとうもろこしや苺を使った和菓子が貰えます。残念ながら、前述した農産物は貰えないので注意が必要です。苺を使った和菓子は音更町の返礼品で4番目に人気があり、内容は大福やプリンがあります。いずれも数量限定のため、時期によって申し込めない可能性が高いです。使用する苺は、「さがほのか」という佐賀県が生産している品種です。他の品種と違い、香りが強く日持ちが良いと言われています。九州地方以外にお住まいの方は、この機会に食べてみてはいかがでしょうか。

愛知県南知多町限定の和菓子

南知多町は愛知県の知多半島南端に位置する市町村で、約1万8000人が暮らしています。漁業や農業といった第一次産業の就業者が過半数を超えており、町内には7つの漁港があります。漁港で水揚げされるメジロやシラス、フグといった新鮮な海の幸は南知多町の特産品とされています。ふるさと納税で愛知県南知多町に10,000円以上寄付した場合、前述した海産物だけでなく和菓子や加工品が貰えます。南知多町の和菓子は、知多ごろもとなぎさ餅の詰め合わせセットです。こちらの商品は年間あたり100個限定となっているため、欲しいと思ったら直ぐ申し込むことをおすすめします。全国菓子大博覧会で名誉大賞を受賞した店が出品しており、プロが作る松露菓子ときなこ風味の羽二重餅が楽しめます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう