ふるさと納税でもらえるアイスクリームを比較してみましょう

ふるさと納税は税収の地方格差を埋めるのに役立つ制度です。寄付した先の自治体から寄付者はお礼が受けられます。アイスクリームを人気で比較すると、商品券がもらえる自治体が人気です。

-AD-

税収の地方格差を埋めるふるさと納税

ふるさと納税はいろいろなメリットがありますが、いちばんの大きいのはは税収の地方格差を埋めるのに役立つことです。
過疎化が進む地域では若い人がどんどんいなくなり、集まるお金が少なくなっています。そのために地域の経済が潤わなくなり、魅力のない地域になりますます後継者がいなくなります。
一方で、地方から出てきた人たちは都会に行き、そこでお金を落とすようになります。税金を納めるのもその都会ですし、経済活動を行うのもそこです。
こうしていくと地域ごとに税収の差が生まれてしまいます。この差を埋めるために生まれたのが、ふるさと納税です。
ふるさと納税は自分が今住んでいる自治体ではなくても、全国どこの自治体に納税しても良いシステムです。しかも寄付した自治体からお礼の品がもらえます。

アイスクリームのお得さで比較

アイスクリームを返礼品として用意している自治体を人気で比較すると、アイスクリームの商品券を用意している自治体が注目されています。静岡県小山町(おやまちょう)という自治体で、全国に展開している有名アイスクリーム店で使える商品券8枚が1万円以上の寄付でもらえます。31種類のフレーバーを楽しむことができるお店の商品券なので、お得感があります。
アイスクリームを直接もらうよりも、商品券をもらって自分が好きな味を選びたいという人にピッタリです。子供から大人まで嬉しい返礼品でしょう。
アイスクリーム人気では、ミルクが有名な北海道も人気があります。北海道豊富町(とよとみちょう)では、ミルクたっぷりのソフトクリームアイスを用意しています。1万円以上の寄付で12個もらえます。

その土地の自慢のアイス食べ比べも楽しい

商品券をもらって好きな味を選ぶのもいいですし、ご当地限定のアイスクリームを食べ比べて比較してみるのも楽しいでしょう。
アイスクリームは子供も大好きなものですから、ふるさと納税の仕組みを一緒に学びながら寄付してみてもいいでしょう。その感想をまとめたり、寄付した自治体について調べたり、もらった返礼品の味について評価してみるのも楽しそうです。
子供がふるさと納税に興味を持つきっかけとして、アイスクリームを選ぶのもいいでしょう。一種類だけの味を詰め込んでいる自治体もありますし、いろんな味を楽しめるようにバラエティ豊かな味を用意しているところもあります。
佐賀県小城市(おぎし)などは、製菓会社のアイスバラエティセットが5,000円以上でもらえるようになっているので、寄付しやすいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう