ふるさと納税でもらえるビールの種類と大量にもらえる自治体の紹介

ふるさと納税の返礼品として人気が高いのがビールで、地元にある大手メーカーの製品か、独自のブランドが付けられたものがあります。寄付金額に対してもらえる量が多くて、お得な自治体がいくつかあります。

-AD-

ふるさと納税でもらえるビールの量とは

地元に工場がある酒造メーカーのビールをふるさと納税の返礼品にしている自治体があります。
メーカーはキリン・アサヒ・サッポロ・サントリーの大手と、地ビールを製造する会社に分かれています。ふるさと納税の寄付金額に対してもらえる量が多いのは、大手メーカーが製造する製品です。
寄付額ともらえる量の大まかな目安として、発泡酒または第三のビール(350ml缶24本)1ケースであれば1万円、それ以外であれば1万5千円くらいが一般的な相場です。
地ビールは単価が高いので、1万円の寄付で350ml缶で数本~10本程度の自治体がほとんどです。ただし、独自ブランドでもかなりお得な自治体もあります。
寄付額に対してもらえる量のみを単純に比較すると、大手メーカーの製品を選んだ方がお得です。

大手メーカーのビールがもらえる自治体

寄付金額に対してもらえる量が多いのは、大手メーカーの製品です。
寄付額あたりで計算して一番お得なのは愛媛県新居浜市で、3万円以上の寄付をすると「クリアアサヒ 350mlx96本 (4ケース)と別子飴」がもらえます。
1万円の寄付でお得な自治体は、大阪府泉佐野市「一番搾り 大阪に乾杯 350ml×1ケース」または「アサヒスーパードライ 市制70周年記念缶 350ml×1ケース(24本)」、静岡県焼津市「極ZERO350ml×24本入り」があります。いずれも1万円の寄付で350ml缶24本がもらえます。
サントリーであれば、岡山県笠岡市に1万2千円の寄付をすると「サントリー『ザ・プレミアム・モルツ』スチール缶350ml 24本」がもらえます。ザ・プレミアム・モルツは24缶入りが5,200円で販売されているので還元率は43%となり、原価率は1位です。

大手メーカー以外の製品がもらえる自治体

大手メーカー以外でお得にビールがもらえる自治体は、沖縄県浦添市です。
沖縄県浦添市にふるさと納税で1万円の寄付を寄付をすると350ml缶1ケース(24本)、2万円の寄付をすると2ケース、3万円の寄付をすると3ケース分のオリオンビールがもらえます。この製品は沖縄以外では入手しにくいので、特におすすめです。
地ビールは高価なので、寄付額に対してもらえる量が少なくなり、大手メーカーの半分かそれ以下です。比較的お得なのが、岐阜県関市に2万円の寄付をしてもらえる「高山麦酒 味わいセット」です。500ml入りの瓶が12本入りで、5種類の銘柄がセットになっています。
所得税と住民税の控除を活用すれば実質的に2千円の負担で1ケースのビールがもらえるので、上手に選べば出費を減らすことができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう