ふるさと納税で泡盛も選べる!量によって寄付金も異なってくるので注意

ふるさと納税の泡盛は少量からセットのものまであるので、自分の好みによって選ぶことができます。飲み比べをしたり、仲間と楽しんだりと満足できて、知らない銘柄の発見にもなります。

-AD-

泡盛はちょっとしたブームになっているお酒

日本にはいろいろなお酒の種類があり、香り、のどごし、味わいなどがそれぞれ違ってきます。しかし、一般的になっていないご当地のお酒も多いので、なかなかスーパーなどで手軽に手に入らない名酒もあります。それを手軽に、ご当地に行かなくても試すことができるのがふるさと納税です。中でも泡盛は最近注目されているお酒ということもあって人気の返礼品です。沖縄の泡盛は有名ですが、このほかにもご当地のものもありますので、知らなかった泡盛と出会えるのも魅力の1つです。ふるさと納税だと寄付金によって返礼品のボリュームも異なってくるので、たくさんほしい方や、少量で良い方、少量をいくつかの先に分けて寄付して、複数の返礼品を楽しみたい方など楽しみ方はいろいろありますので、まずは検討してみると良いでしょう。

少量を楽しみたい方も種類いろいろ

まずは少量で良いという方にもちょうどよい量の返礼品があります。ふるさと納税額が5000円だと高知県土佐町からは土佐泡盛が720ml1本がもらえます。少しずつ楽しめば仲間とも飲めますし、ゆっくりと味わうには十分な量です。このほかにも沖縄県与那原町や宮古島町からも5000円で1本もらえるので、各地の名酒を比較するのも面白いかもしれません。5000円から本格的な商品が届くので、どんなお酒か試したい、いつもとは違ったお酒を楽しみたいというときにも気軽に寄付できる金額です。また、人にプレゼントするにもちょうどよいサイズなので、ふるさと納税をうまく使うと気の利いたお酒を手にすることができます。銘柄によって味わいが異なるので飲み比べたり、初心者にも嬉しい金額です。

じっくり楽しみたい上級者にも満足

しっかりと楽しみたい、仲間と一緒に楽しみたいという方にはもう少したっぷりの量の返礼品がおすすめです。寄付金を10000万円までアップするとぐっと選べる範囲が広がります。例えば沖縄県大宜味村では一般酒と古酒の2本セットがもらえます。それぞれの味わいを比較できますので、その日の気分によって楽しむことができます。同じく沖縄県の金武町や宮古島町でも古酒の2本セットがもらえます。また、糸満市では15000円で飲み比べセットとして4本分もついてきますし、読谷村でも大瓶3本セットですので周りの人と一緒に楽しく飲むことができます。泡盛好きな方にも十分満足できる内容になっているので、寄付をしつつも自分も楽しめるのでふるさと納税はお得が詰まっています。いろいろな銘柄を知るチャンスにもなります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう