ふるさと納税100,000円の寄付金でどんな日本酒がもらえるのか

数多い地域の自治体でさまざまなふるさと納税を行なっており、寄付金によって返礼品も異なるのはもちろんですが、どんなものが貰えるのかは一番に気になります。
そこで100,000円の寄付金で貰える日本酒の特集です。

-AD-

魚沼の地酒のセットを3ヶ月連続に頂ける

米の産地でも有名な新潟県魚沼市のふるさと納税では、寄付金100,000円で3ヶ月連続的に地酒をプレゼントしているものもあり、愛飲家の間でも評判です。
1673年の第四代将軍徳川家綱公の時代よから酒造りを長く続けている玉川酒造の「十八千玉風味」「雪中貯蔵目黒五郎助」「雪中貯蔵越後ゆきくら」「越後武士梅酒」「ゆずの酒UZ」をセットでお届けしています。
中でも、十八千玉風味はスローフードジャパン燗酒コンテストで金賞受賞した代表銘柄で、膨らみのあり香りも強くないのでキレのよい燗も冷でも良い吟醸で、地元ブランド推奨品です。
目黒五郎助も純米酒大賞などの大会で金賞や最優秀賞を受賞しており、華やかな香りとしっかりとした旨みが絶妙にマッチしている純米大吟醸酒で蔵人いち押しの自信作です。
この銘柄がセットで3ヶ月も連続で頂けるのは、日本酒好きに最適なふるさと納税と言えるでしょう。

五升樽まで貰え酒蔵見学付きの返礼品

琵琶湖を中心とする滋賀県東近江市の100,000円の寄付金で頂ける日本酒の中には、日本酒に加え酒蔵見学のペアチケットのプレゼントもある個性的なふるさと納税もあります。
返礼品では、近江酒造により造られた清酒志賀盛5升樽のほか、大吟醸錦藍と近江ネコ正宗純米吟醸の720mlを6本づつお届けしているのが特徴です。
酒造りと米作りに最適な気候と近隣の山々から琵琶湖に流れる伏流水により、ハイクオリティな日本酒が実現しています。
大吟醸錦藍は、洋ナシなどの果物やライラックなどの花のような香りを持ち、ほんのりとした甘さにフレッシュな酸がほどよく加わった爽快で新鮮な味わいが自慢です。
近江ネコ正宗純米吟醸は、猫好きな社長が考案した愛猫家に喜ばれるラベルが特徴で、キリッと冷やして飲むのに最高な味わいの日本酒です。
この2つに代表銘柄の志賀盛が五升樽で届くので、さまざまなシーンで日本酒を楽しめます。

6つの蔵元から6ヶ月間の日本酒定期便

宮崎県大崎市の寄付金100,000円のふるさと納税の中には、6つの蔵元のさまざまな味わいを楽しめるお礼の品を6ヶ月間頂けるものもあります。
大崎市の蔵元である、一ノ蔵・森民酒造店・浅勘酒造店・寒梅酒造・橋平酒造店・田中酒造店大崎蔵から蔵元自慢の日本酒をお届けしますので、旬の味わいや毎月のお届けを楽しめるのが大きなポイントです。
一ノ蔵は、県内の歴史ある酒屋4つが1973年に企業合同し、伝統の技を守り続けながら「良い米を使い、手間暇をかけ、良い酒を造る」をモットーに蔵人たちの手づくりによる丁寧な酒造りを行なっています。
ほかの蔵元も同様に伝統やこだわりを持って独自の酒造りを行なっていますので、さまざまな日本酒の味わいを6ヶ月間飲み比べることもできるのが特徴です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう