ふるさと納税を利用して、飲み比べて各地域の日本酒を比較できます

ふるさと納税をすることによって、お礼の品として北海道から九州地方まで各地方の地酒が届けられ飲むことができます。多くの種類のものがありますので、好みの日本酒を楽しんだり、全国各地の酒を飲み、比較するのもよいでしょう。

-AD-

北海道や東北地方の日本酒

北海道の酒は、もち米を原料にした優しい香りとまろやかな口当たりのものや、雪室で熟成された雪中蔵出純米酒を、北海道の珍味である「つまみ」とセットで提供している地域があります。他にも多くの種類の酒をふるさと納税で手に入れることができます。酒の原料である水は雪解け水を使用するものも多くあり、極寒の環境により育まれた酒質は、試してみる価値はあります。東北地方は他の地域と比較しても日本酒造りが盛んです。全体的に気温が低く積雪量が多いため低温長期発行が必要になる吟醸造りに適しており、おいしい大吟醸酒を多く提供しています。様々な日本酒を選ぶことができ、なかには発泡タイプで甘さが控えめのスパーリングタイプのものや、東北地方の有名な日本酒を何本か飲めるセットを提供している地域があります。

関東や中部地方の日本酒

新潟は他の地域と比較しても一番の酒処として有名です。淡麗で辛口という確固たる地位を築いており、さっぱりとした味わいの辛口な日本酒が多く存在します。全国的にも有名なものが多く、たくさんの人が愛飲しているものが、多くの種類ありますので、飲んだことのない人は一度、ふるさと納税を利用して手に入れて飲んでみるのもよいです。他に関東や中部の各県にもおいしい地酒があります。特に埼玉県の純米吟醸酒は上質な酒米をつかい、非常に口当たりがよく仕上がっています。石川県では一世紀前と同じ醪を搾る本醸造の生原酒は高い香りとキレのよいのどごしで季節限定のお酒が楽しめます。群馬県では料理と相性のよいコシヒカリの純米酒があります。また、お米とセットでお礼の品を届ける地域もあります。

近畿、中国、四国、九州地方の日本酒

兵庫県は「灘の酒」で歴史的にも酒造りでは有名な地域です。ふるさと納税でこの地域の多くの有名な日本酒を飲むことができます。水質が良く酒造りに適しており、辛口でしっかりした味のものがあります。鳥取県では12本もの種類を飲めるセットがありますので飲んで比較して楽しめます。山口県の地域では今では日本を代表す日本酒ブランドになったものを提供していますので、ふるさと納税で一度試飲するのも良いです。高知県では「どぶろく」をふるさと納税のお礼として提供している地域があり昔ながらの口あたりの良い深みのある「でぶろく」を楽しめます。九州では酒といえば焼酎を思い浮かべる人も多いですが日本酒もおいしいものがあります。福岡では福岡県米と三郡山系の伏流水を使い、香が豊かな大吟醸酒や辛口の純米酒を提供している地域があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう