お酒が好きな人はふるさと納税の返礼品に人気の日本酒がおすすめ

日本ではさまざまな地域で日本酒が作られています。ふるさと納税の返礼品でもその地域で作られている限定のお酒が人気です。他の地域では味わうことができない銘柄もありますので、お酒が好きな人にはおすすめです。

-AD-

1万円以下でもらえる日本酒

ふるさと納税は2000円以上の寄付が条件となっています。しかし返礼品をもらうためには、一定の金額以上の寄付が必要です。しかし、1万円以下の寄付で日本酒の返礼品を受け取る事ができる地域もたくさんあります。5000円以上の寄付で日本酒がもらえるのは、長野県白馬村です。白馬村で栽培されている酒米である「ひとごこち」を使用した純米吟醸酒の「白馬そだち」をもらうことができます。福島県喜多方市では、5000円以上の寄付で数種類の銘柄から好きなものを選ぶことができます。純米酒から普通酒など喜多方市で愛されている銘柄です。またほとんどの地域で10000円以上の寄付であれば、返礼品を受け取ることができます。飲みくらべセットやおつまみつきのものなどもあります。

返礼品で大吟醸がもらえる地域

日本酒を飲むなら大吟醸を選びたいという人も多いでしょう。ふるさと納税の返礼品で大吟醸をもらえる地域もあり、人気となっています。その中でも兵庫県朝来市は20000円以上30000円以下の寄付をした場合、超特選大吟醸の「あらばしり但馬」をもらうことができます。辛口のお酒で贈答用にも使われる人気の銘柄です。こちらは、数量限定となっていますので、品切れの可能性もあります。もし、希望している場合は、早めに申し込みするのが良いでしょう。千葉県富津市では15000円以上の寄付で、化粧箱入りの大吟醸「東魁盛」と純米大吟醸「紫紺」のセットをもらうことができます。どちらも香り豊かで、旨みの強いお酒です。大吟醸をもらえる地域は少ないので、お酒が好きな人にはおすすめです。

ふるさと納税の返礼品でお酒をもらえる地域

北は北海道から、南は九州まで日本酒をもらうことができる地域がたくさんあります。北海道は遠別町と沼田町が日本酒の返礼品を扱っています。特に沼田町はおつまみの缶詰もセットになっているのでお得感があります。米どころの東北では、岩手県久慈市と山形県朝日町になります。山形県朝日町では、生産量が少ないため地方にはあまり出回らない「豊龍」という銘柄をもらうことができます。朝日町に住んでいる人以外はめったに飲むことができないプレミアムなお酒です。兵庫県養父市では酒米として有名な山田錦を使った辛口の「稜線」という銘柄を用意しています。九州地方の宮崎県高千穂町では有名な高千穂神楽の献上酒である「舞」とあまりお酒が得意ではない人でも飲めるように作られたどぶろくの「千穗まいり」のセットを受け取れます。日本酒はふるさと納税の返礼品の中でも人気がある品物です。各地域で品薄になっていることもあります。また、数量限定などの場合もありますので事前に確認をしてから申し込みしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう