健康にも役立つサーモンはふるさと納税の人気の返礼品食品

ふるさと納税は地方を応援するのに役立ちます。2,000円の自己負担額で返礼品がもらえてお得です。サーモンも人気のお礼の品で、静岡や鳥取、北海道などの自治体で用意しています。

-AD-

地方を助けるふるさと納税

地方と都会で、税収の格差が広がっています。地方には人がいなくなり、都会には集まるので地方のお金は減っていきます。都会は逆に潤い、日本国内で地域格差が生まれてしまいます。
それを埋める役割を果たすのが、ふるさと納税です。災害支援などで自治体を応援する際に使われることもあります。
ふるさと納税をすると住民税と所得税が控除の対象になり、寄付をした自治体からその土地ならではのお礼の品がもらえます。
2,000円を超える寄付をすれば、その2,000円を超える部分が住民税と所得税から全額控除されます。
ある自治体に3万円寄付したら、28,000円分が税金の控除対象になるので、実質2,000円で寄付した自治体からお礼がもらえてしまいます。お得な仕組みなので、注目されています。

食卓の定番サーモンは人気

焼き魚やお刺身、フライなどいろいろなレシピに使えるのがサーモンです。ホテルの和食といえば、鮮やかなオレンジ色の焼き鮭を想像する人もいるでしょう。サーモンはふるさと納税の返礼品でも人気があります。
例えば静岡県焼津市(やいづし)では5,000円以上の寄付で紅ざけ切り身10切れがもらえます。厚切りで1切れ90〜100gあるので、満足度の高い一品です。
他にも、焼津市では紅鮭の甘口か中辛かを選択できる返礼品もあります。
鳥取県日吉津村(ひえづそん)では、1万円以上の寄付でノルウェー産の脂がのったサーモンを使ったスモークサーモンスライスを用意しています。北海道の広葉樹のチップで燻製したもので、スッキリした味わいで燻製の薫りが楽しめます。お酒のつまみにピッタリです。

人気のサーモンを美味しく食べよう

サーモンはお刺身としても人気があり、北海道では凍ったままの状態のお刺身をわさび醤油でいただく食べ方が人気です。
サーモンの肉のタンパク質は良質で、さらに血液をサラサラにして脳の発育を助けてくれる栄養素のDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)も豊富に含まれています。
サーモンはしょっぱいので高血圧になりそうなイメージがありますが、実際は血液サラサラ成分のおかげで高血圧予防ができる魚です。
特に旬の秋鮭にはDHAとEPAが凝縮されています。
北海道では秋に獲れたサーモンを提供している自治体もあるので、ふるさと納税で応援しながらもらってみるといいでしょう。
5,000円くらいの寄付でもらえる自治体もあるので、試しに寄付してみたい人にも適しています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう