ふるさと納税の返礼品でまぐろを比較してみるのなら、この自治体

今はふるさと納税をすることで全国各地の美味しい食べ物を返礼品として受け取ることができるようになっています。普段贅沢品と思われるまぐろなどもこういった機会にいただくことができるので、自治体ごとで比較してみましょう。

-AD-

全国でもふるさと納税のマグロ部門で上位

まぐろの返礼品で人気が高い自治体としては、大分県の津久見市になります。こちらは九州でもマグロの水揚げが多いことでも知られるエリアになります。遠洋漁業が古くから行われており、刺身用だけでなく、カマなどの加工品も数多く出回っています。

一例としては、カマ焼きなどにできるマグロの贅沢セットとして1.8㎏を1万円の納税で受け取ることができます。カマの部分は脂がのっていて、刺身はもちろんですが、塩焼きなどにしても絶品です。

こちらでは漁師めしとしてひゅうが丼というしょうがやゴマなどを入れた醤油で漬け込んだマグロをのせた丼が有名ですが、これもふるさと納税をすることで味わうことができるようになっています。他の自治体と比較をしてみてもお得感があっていいでしょう。

土佐おとめマグロの高知県室戸市

ふるさと納税のまぐろ部門で必ずといっていいほど名前が出てくるのが、高知県室戸市です。こちらの自治体では1万円の納税で、1.5㎏の土佐おとめまぐろというブランドまぐろを受け取ることができます。刺身用として比較をしてもこの量というのはお得です。

水産業が盛んなこの地域では、漁獲した後すぐに血抜きをして、内臓などを取り除いて急速冷凍することで、生臭みがなく、鮮度を保つことができます。

マグロが好きな人には最適ですが、この地域で獲れるかつおもセットになっている商品もあるので、両方味わいたいという場合には納税額やセット内容を検討してみるといいでしょう。

こちらの自治体は全国でもトップクラスの人気を誇っており、マグロ好きのリピーターも多い自治体でもあります。

少ない納税額で普段使いのまぐろを

5,000円からというお手頃なふるさと納税の額で美味しいまぐろの丼を食べてみるのもいいでしょう。それができるのが静岡県の焼津市です。こちらでは5,000円からネギトロなどのまぐろの商品を見つけることができるでしょう。これはお得です。

一例としては、ネギトロ用のマグロが100gずつのパックになっていて、それが5セットになっていたり、めばちマグロの3種盛りとして、赤身のサクが150g、切り落としが100g×2、そしてネギトロも100g×2というセットもあります。自宅で食べるには十分な量と質になります。

自宅で気軽にまぐろを味わうのなら、少ない納税額でいただくことができる静岡県の焼津市のふるさと納税を検討してみてもいいでしょう。比較をしてみても満足できる返礼品を見つけることができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう