30,000円のふるさと納税で美味しい海老を返礼品としてゲットする

日本ではいろいろな種類の海老が獲れるのですが、ふるさと納税をすることでも各地域の名産のものを手に入れることができます。30,000円の納税では質や量で満足できるものを受け取ることができるでしょう。

-AD-

日本海の海老なら、増毛町

北海道には海老が豊富に獲れる地域が数多くあるのですが、特に有名なのが増毛町になります。こちらでは、牡丹エビや甘エビをふるさと納税の返礼品として受け取ることができるようになっています。

10,000円くらいでも受け取ることができるコースもあるのですが、30,000円ほどになるとかなり大きいサイズのものを受け取ることができて、満足することができるでしょう。

30,000円では滅多に手に入れることができないようなジャンボサイズの牡丹エビを1㎏、10~20尾もいただくことができます。獲れたてで新鮮な牡丹エビを急速冷凍して鮮度を保ったまま、500gずつの2パックを送ってもらうことができます。

これに甘エビの塩辛がおまけでつくので、もらう方はとてもうれしいセットになることでしょう。

活きた車エビを自宅で食べる

車エビの産地というと、山口県の山口市を挙げることができます。こちらは車エビの養殖の発祥の地でもあり、ふるさと納税の返礼品として車エビが豊富に出されている自治体になります。中でもおすすめは、30,000円で活きた車エビを1.2㎏もいただくことができるセットになります。

1.2㎏では30~35尾もあり、食べごたえのある大きさ、量になるので、お得感があります。天ぷらや塩焼き、お造りなどにしてみてもいいでしょう。自宅で活きた状態の車エビを調理していただくことができるのは、贅沢で最高です。

還元率も良いのですが、配送時期が10月から1月になるので、知っておくといいでしょう。また、保存がきく活き〆冷凍のセットもあるので、通年で楽しみたい人にはそちらがいいでしょう。

三重県南伊勢町のふるさと納税

海老の中でも存在感があって、高級食材の代表格でもあるのが伊勢海老になります。伊勢海老の産地として知られる地域である三重県でも南伊勢町では本場で伊勢海老をいただくことができるふるさと納税の返礼品があります。

地物にこだわり、活きた状態の伊勢海老を返礼品としていただくことができます。30,000円のコースなら、3~4尾で総量でも800~850gもあるので、かなりお得です。こちらの返礼品は10月から5月の期間になっています。

自宅で贅沢に伊勢海老のお造りや塩焼き、オーブン焼きなどを味わってみるというのもいいでしょう。またお造りにして残った部分をみそ汁などの出汁として使うのも旨味が出てとてもおいしく味わうことができます。

三重県の南伊勢町で伊勢海老をいただき、贅沢なひと時を過ごしてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう