ふるさと納税で20,000円以上寄付すると海老をくれる自治体

数ある海鮮物の中で一番人気があるのは何かご存知ですか。ふるさと納税で一部の自治体に寄付した場合、実質無料でスーパーマーケットでは買えない海鮮物を貰えます。そこで、20,000円以上から申し込める海老を紹介します。

-AD-

ふるさと納税で寄付すると返礼品が貰える

ふるさと納税は自分で好きな地域を選んで寄付を行い、見返りとして地域限定の特産品や記念品が貰えて税金控除ができる制度です。

自己負担金として2000円が必要ですが、1回でも寄付すれば確定申告で税金が安くなります。1年間に寄付した自治体が基準未満だった場合、ワンストップ特例制度により確定申告をしなくても控除されます。

ふるさと納税がテレビや雑誌で取り上げられるほど人気がある理由は、税金が安くなるだけでなく魅力ある返礼品を貰えるからでしょう。

魅力ある返礼品というのは食品や飲料水のほか、大手旅行会社の旅行券や商品券があります。金券は感謝の気持ちとして送られますが、転売等を行うと金券自体が無効する可能性が高いです。

さらに、転売発覚以降は取り扱わなくなるかもしれないので気をつけてください。

三重県紀北町で水揚げされた海老

紀北町は三重県南部に位置する市町村で、約1万5000人が生活しています。紀北町の主な産業は水産業で、マンボウやブリといった魚類の水揚げ量が多いです。

ふるさと納税を使って三重県紀北町に20,000円以上寄付した場合、前述した海産物のほか、伊勢海老2尾が貰えます。20,000円以上寄付すると申し込めますが、他の特産品と違って期限が設けられています。こちらの海老は常温で送られてくるため、沖縄や離島は発送不可なので注意してください。

伊勢海老の大きさは水揚げによって異なるので、申し込み時期によって大きかったり小さかったりと大きさが疎らです。飲食店や旅行でしか食べる機会がない伊勢海老を食べてみたい方は、三重県紀北町にふるさと納税で寄付することをおすすめします。

沖縄県宜野座村から貰える海老

宜野座村は沖縄本島にある辺戸岬と喜屋武岬の中央に位置しており、プロ野球球団の阪神タイガースのキャンプ地として知られています。

宜野座村の特産品はパイナップルやマンゴーといった農産物ですが、ふるさと納税で20,000円以上寄付した場合、超大物サイズの車海老が返礼品として貰えます。

申し込みは一年中できますが、月20セットと数量限定品としてカタログに掲載されており、毎月品切れになるほど人気があります。宜野座村が誇る綺麗な海水で育った活きが良い車海老は、全国にいるプロの料理人も認めるほどの逸品です。

宜野座村という名前を初めて聞いたという方も多いでしょうが、様々な料理の用途に使える車海老が欲しい方は、是非ふるさと納税を使って沖縄県宜野座村に寄付しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう