ふるさと納税の仕組みや返礼品の海老やその量に関して考える

ふるさと納税ではカニやアワビ、メロンや桃などの返礼品が人気です。しかし海老といったものも人気であり、大量のエビを返礼品として受け取ることができ食生活の助けになるのです。

-AD-

返礼品として人気が高いものとは

納税する人にとって最も楽しみでありメリットと言えば、返礼品であると言えるでしょう。税金を納めてなおかつ地方の美味しい農産物に舌鼓を打てるというおいしいの税方法はほかにありません。

返礼品を目当てにふるさと納税する人が九割を占めると言っても過言ではありません。所得が多い人では返礼品だけで食生活が成り立っている人もいるのです。

返礼品で特に人気の高いものは高級品で、普段自分でなかなか購入できないものであると言えます。カニや国産ブランド牛は毎年人気ランキングの上位を占めています。

また、メロンや桃、イチゴ、マンゴーといった高級果物も人気が高いのです。ふるさと納税はこうした返礼品を自分で食べるだけでなく、贈りたい人に転送できるシステムもあり、中元やお歳暮で活用することもできます。

実用的な返礼品も人気

また返礼品のなかには、普段の食生活で欠かすことのできない食材なども人気になっています。日本人にとって海老などは食生活に欠かすことができないと言えます。

海老をフライにしたり、すり身にして団子にしたり、てんぷらや中華食材に活用したり、だしをとるのに用いることもあります。そのため日本人の海老の消費量は非常に多いと言われています。

海老を返礼品として選択すれば食費を浮かすことができます。返礼品によっては海老を1キロも送ってくることもあります。こうした大量の海老の場合は、冷凍保存して少しずつ使っていくと賢いと言えます。

あまり量が食べられない高齢者などは、伊勢海老など一度で食べきってしまうものを選択するとよいでしょう。首都圏で5千円や一万円程度では大した伊勢海老は購入できませんが、三重県の伊勢海老の返礼品であると東京の築地で2万円前後で取引されるものを5千円程度で手に入れることができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう