ふるさと納税で50,000円以上を寄付してお得に高級カニを味わう方法

ふるさと納税の返礼品で人気が高い海産物の中にカニがありますが、自治体の中には50,000円以上を寄付すれば高価なタラバガニや毛ガニをたくさんもらうことができる所もあります。

-AD-

ふるさと納税でもらえるカニの種類と量

海に面した自治体の多くは、地元で水揚げされる海産物をふるさと納税の返礼品として活用しています。海産物の中でも特に人気が高いのがカニです。

ふるさと納税の返礼品でもらえるカニの種類と量ですが、1万円~3万円程度の寄付であれば比較的安価なズワイガニや小さなサイズの毛ガニが数杯程度、または鍋用の爪や脚だけのセットが1~2kgです。

50,000円以上の寄付をすると大きなサイズの高級品のカニや多く(5杯以上)の毛ガニやズワイガニや、大きな本タラバガニなども選択できるようになります。自治体の中には、非常に高価で希少性の高い松葉ガニがもらえる所もあります。

年収額が多い人であれば50,000円以上を寄付しても実質的な負担額が2千円程度になる場合があるので、普通に購入すれば数万円もするような高級品を格安料金で入手することができます。

高額寄付で大量のカニがもらえる自治体

50,000円以上の高額寄付をすれば、高級なカニを大量にもらえる自治体があります。

静岡県焼津市はマグロの水揚げ量が多いことで知られていますが、カニの水揚げ量も全国的に見てトップクラスの量を誇ります。

カニ好きの人には、焼津市に10万円以上を寄付してもらえる「豪華蟹づくし3回頒布会」がおすすめです。これは3ヶ月間にわたり毎月送られてくるもので、1回目は姿ずわいがに(カナダ産)750g×4尾、2回目は毛がに(国産)500g×4尾、3回目・たらばがに脚(アメリカ又はロシア産)600g×4です。4人前が送付されるので、4人家族の方におおすすめです。

大きなタラバガニを思う存分食べたい人には、焼津市に10万円を寄付してもらえる「焼き蟹に最高!極上生 タラバガニ 足 3kg箱(特大3~4肩入)×2個」もおすすめです。ちなみにタラバガニは高価なので、1万円程度の寄付額では選択できません。

希少性の高いカニがもらえる自治体

日本海に面した京都府丹後町で水揚げされるズワイガニは松葉ガニと呼ばれ、高価で取引されています。松葉ガニの中でも特に希少性が高いのは、間人(たいざ)漁港で水揚げされる間人ガニです。

小さな間人魚港には水槽を備えた大型の漁船が入港できないため、その日に獲れた新鮮な松葉ガニだけが水揚げされます。大型漁船には生け簀を備えている船もありますが、数日経過すると弱ってしまうため味が落ちてしまいます。

間人ガニは他の港に水揚げされたものよりも鮮度が高く、美味であることで有名です。小さな間人漁港は小型漁船しか入港できないので間人ガニの水揚げ量少なくて入手しにくいため、「幻のカニ」とも呼ばれるほどです。

京都府京丹後市にふるさと納税で50,000円を寄付すると、幻の「間人ガニ」(650~790g)が1匹もらえます。間人ガニには、間人港で水揚げされたことを証明するためのタグが付けられています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう