30,000円で贅沢気分が堪能できてしまうカニのふるさと納税

ふるさと納税でカニを楽しむことができます。30,000円なら姿状態から食べやすい加工済み商品まであるので、寄付をしながら贅沢に市場より安く楽しむことができます。

-AD-

やっぱりカニは格別な返礼品

最近はカニの漁獲量が減ってきているので値段も高くなっていますが、おいしいごちそうとして人気が衰えないのがカニです。中でも毛ガニは王様的な存在で、買うにしても相当な出費の覚悟が必要です。

しかし、ふるさと納税を利用することで、市場よりはリーズナブルに、しかも粋が良い状態で届きますのでお得です。さらにほかのカニも取り扱いがあるので、自分の好みや、目的によって商品を選ぶと良いでしょう。

しっかりと堪能できる量をもらえる30,000円で見てみると豪華な1杯から、食べやすいように加工されたものまで幅広く揃っていますので、選ぶだけでも楽しみが詰まっています。

その地域を応援できるうえに、おいしくて贅沢なカニまでついてくるなら、ふるさと納税をうまく利用しない手はありません。

毛ガニまでふるさと納税で楽しめる

カニの中のカニ、それが毛ガニです。贅沢にもふるさと納税での返礼品として取り扱っている自治体があります。まず、北海道の小樽市からは30,000円で丸ごと1杯のボイル毛ガニがもらえます。

また、同じく北海道の釧路市からは毛ガニ姿が2尾届きます。羅臼町からは特大サイズのボイルのイバラガニがもらえます。秋田市男鹿市からはベニズワイガニの大小サイズが2尾ずつ、計4尾届きます。このように姿状態で太っ腹に届けてくれる自治体が多くあります。

主にカニの生産地として有名なところを中心に探すと、まるごとで届けてくれるので贅沢を実感できますし、身からミソまで堪能できて満足度も高いでしょう。まるごと1尾なら1回で食べ終わらないこともあるので、何回かに分けて楽しむこともできます。

利便性重視の方なら加工済みもあります

カニを丸ごと1杯も魅力的ですが、日ごろ取り扱っていない方はさばくのに慣れていないケースも多いでしょう。その場合はあらかじめ下処理がそれている、すぐに料理ができて食べやすい加工済みのカニも良いでしょう。

30,000円なら、さまざまなバリエーションがそろっているので、選ぶことも楽しく、加工済みでも贅沢さは変わりません。例えば足だけを集めたものや、爪だけのものなどもあります。例えば京都宮津市では足部分や爪だけで、しかも殻をむきやすいように加工した冷凍セットもあります。

北海道小樽市ではタラバとズワイの足だけセットもありますので、食べ比べることも可能です。焼いて楽しんでも良し、鍋に入れても良しで、多彩な使い方ができるのも特徴です。華やかな食卓になること間違いなしです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう