ふるさと納税の仕組みと20,000円のカニなどの返礼品に関する事

ふるさと納税は、都会の大阪や東京などに税金が集約し地方に税収を上げる画期的な税制です。返礼品として20,000円のカニなどを受け取ることもできます。それも高級品の蟹なのです。

-AD-

ふるさとの納税と言うシステム

日本の人口減少や過疎化、少子化は急激に進んでいると言えます。特に首都圏に限らず、地方山間部の過疎化や人口減少は深刻な問題になっています。そのため地方は働き手が存在せず、住民税などの税収を得ることができないのです。

そのため整備や福祉が充実せず、ますますそこから人々が離れていくのです。そのため苦肉の策として考えられたのがふるさと納税と言うシステムです。ふるさと納税は納税者が自分が税金を納めたい自治体を選択することができるのです。

特に被災地である福島県や熊本県に住民税をおさめてあげれば復興支援に直結するのです。人口の多い首都圏である大阪や東京に税金が集中するのを避け、地方に税金を拡散する意味でふるさと納税は非常に画期的で優れた税制であると言えます。

20,000円のカニなどの返礼品

特に人気が高いのは、20,000円などのカニです。普段は自分で20,000円を出して買うことがなくても、納税してもらえるのであれば、嬉しいとしてカニを選択する人が非常に多い傾向にあります。

20,000円のカニと言っても都会の市場で見られる小ぶりなものではなく、料亭などで提供される最高級品が送られてきます。北海道の毛ガニであれば2万円で4匹ほど送られてきます。

しかしカニは、鮮度が大事ですぐに食べないともったいないと言えます。そこで家族が少なかったり食が細い人の場合には缶づめや瓶づめなどを選択するのも良いでしょう。

こうした加工品であれば長期保存も可能であり、調理の汎用性も広がると言えるのです。また北海道であればホタテ貝、ホッケなどの燻製などのセット詰め合わせも人気です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう