ふるさと納税の仕組みとメリットや10,000円の返礼品のカニについて

ふるさと納税は過疎化や少子化の進む地方自治体の税収の助けになっているのは紛れもない事実です。またこの制度を活用すると納税者は10,000円で高級なカニなどの返礼品を受け取ることができるのです。

-AD-

納税者のメリットとは

ふるさと納税で最大のメリットと言えば、納税するだけで地方などの特産品や農産物を返礼品として受け取ることが出来ると言うことなのです。いままで、税金を納めるだけで何か物を貰えると言う税制は存在しませんでした。

その返礼品も非常にユニークであり、それぞれの自治体の特色や特徴を反映するものとなっています。地方の自治体は農産物や特産品が多いので、納税者にとっては非常に魅力的で、多くの人がその自治体に納税しようとします。

特に返礼品として人気なのは、日本で特に高級品として名高い農産物や特産品です。具体的にはインターネットを閲覧すれば一目瞭然です。ふるさと納税で人気のある返礼品がランキング形式で列挙されているのです。

納税はこうしたサイトでも可能であり、後で確定申告の必要もありません。

人気があるのはカニ10,000円

なかでも不動の人気を誇るのが北海道産のカニ10,000円の返礼品です。首都圏で10,000円で大したカニを購入することはできません。あったとしても身が少なかったり、ロシア産などの安い蟹に限られてしまうのです。

しかし、ふるさと納税でのカニは、北海道のPRになったり、購入のリピーターを目論んだりするので非常に質の良い高級なカニが送られてきます。ものによっては高級で首都圏では数万円する毛ガニ二匹を10,000円の納税で受け取ることができるのです。

ずわいがにであってもその量は大量に贈られて来るので、かにすきやカニ鍋など幅広い調理法で何回かに分けて楽しむことができるのです。三万円や五万円の蟹プランになると、銀座や赤坂などの料亭で提供されるレベルの物が送られてきます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう