ふるさと納税で大事なこととカニの選び方や比較検討について

ふるさと納税で世界に誇る日本のカニを選択し、納税するのも良いでしょう。こうした産業エリアは過疎化や産業の衰退が一時いるしい場合もあります。蟹を比較検討する際は可食部が多いものを選ぶのも満足度が高いと言えます。

-AD-

ふるさと納税で大事なこと

ふるさと納税とは、税金の一極集中を避け、税金を全国各地津々浦々にうまく配分できるように考えられた画期的な政策の一つであると言えます。

東京や大阪といった大都市に人口が多く、特に住民税がこうした都市部に集中することで地方自治体の財政に偏りが生じ、地方山間部は財政難に陥ることが問題視されてきました

。そのためふるさと、つまり地方に納税し地方の財政を潤し、地域の活性化に役立てることのできるふるさと納税は地方の問題を解消できる非常に理にかなった政策と言えるのです。

こうした地方の活性化に役立てることのできるふるさと納税は、国民の能動的参加型の納税スタイルとして多くの人々から関心が寄せられました。

納税する際には、できるだけ過疎化が進んだり、産業の衰退が懸念される地域に納税を心掛けることが大事です。

どの地域を選んで納税すべきか

どの地域を選んで納税すべきか、比較検討する際に悩んでしまう人は非常に多いと言えるでしょう。

比較検討する際のポイントとして一つ挙げられるのは、自分が好きな農作物お生産されている地域が衰退していないか、活性させることができないかを念頭において、どこの地方に納税するかを決めるのも良いでしょう。

日本の世界に誇れる農産物の一つとして、カニを挙げることができます。北海道産や越前、松葉といった地域のカニは高級品として世界でも有名になりつつあります。

しかし、こうした高級品として知られるカニは、高価でとても手が届かない存在として一般市民からは敬遠されがちであり、需要が低いためカニの漁港や産地の衰退や過疎化は激しいのが現状です。

そのため、こうした産業を守るためにもカニの産地に納税するのも一つの賢明な方法と言えるでしょう。

実際にどのカニを選ぶべきか

越前、松葉、北海道産のカニの産業を守るためにこうした地域へ納税しようと決めたら、次はどういった商品や加工品を選ぶべきか、比較検討のうえで困惑してしまいます。

過疎化や産業の衰退が著しくすすんでいる地域に納税するのもよいですが、実際に自分たちがおいしく、お得にカニを食べることができる地域に納税するのが賢明であると言えます。

そのため毛ガニなどのブランドに惑わされるだけでなく、可食部の重量ができるだけ多いものを選択して納税するのも良いでしょう。毛ガニ丸ごとよりも、カニの殻を剥いてある加工されたカニを選べば、気軽に簡単に調理でき、可食部も殻付きよりも多くなりお得に食べることができます。

また、二万円や四万円のブランドガニでなくても、一万円程度のものを2セット納税すればたくさん食べることができ、満足度も高くなります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう