うなぎも10,000円でふるさと納税で食べることができる

うなぎもふるさと納税額が10,000円で楽しめます。生産量日本一の土地から高級品、名産地まで取り扱いがあるので、比較をして種類やお得度、好みなどから選ぶことができます。

-AD-

日本一の生産地からのうなぎ

うなぎの生産量に日本一は実は鹿児島県です。養殖が盛んで安心、おいしいうなぎを提供しています。そんな鹿児島県のふるさと納税返礼品にはもちろんうなぎを扱っている行政もあります。

指宿市や垂水市では頭は落としているものの、丸ごと1尾を2尾分もらえます。かば焼きにしてあり、たれもこだわりでよく染み込んでいます。山椒やたれもセットになったタイプもあるので、自分流にさらにアレンジも可能です。また、黒潮町のように缶詰タイプもありますので、いろいろな料理にすることもできます。

1尾が大きいのでうな重にしても家族全員で楽しめ、華やかな食卓になること間違いなしです。鹿児島県では多くの自治体でうなぎを扱っているので、ふるさと納税が10,000円でも、十分に魅力的な返礼品が楽しめます。

憧れの四万十産もふるさと納税で楽しめる

清流の四万十川の水で育ったうなぎは臭みがなく、ふっくらで値段もかなり高くなります。そんな貴重なものを10,000円の寄付金で楽しめるのがふるさと納税のメリットです。

高知県では、四万十の水で育てられた自慢のうなぎを返礼品にしています。例えば四万十市や芸西村ではかば焼き2尾セットかかば焼きと白焼きがセットになったものがあったり、炭火焼したもの、お茶漬け用などバラエティー豊富にあります。

また、黒潮町のように缶詰になっていて、いろいろな料理に使えるタイプもあります。贅沢な四万十の味を寄付をしながらも楽しめるメリットをうまく生かしましょう。

もちろん、10,000円にちょっと足すと、さらに量が多くなったり、セットで食べ比べということもできるので、予算に合わせて比較すると良いでしょう。

認知度では負けていない静岡県

うなぎと言えば浜名湖も有名です。真っ先に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。そんな静岡県も各自治体から種類豊富に返礼品としてうなぎが用意されています。

浜名市ではハーフカットのかば焼きが3人前ももらえますし、珍しいところでは刺身もあります。このほかにも頭を落としたかば焼きや白焼きもあります。静岡県内では湖西市や島田市、掛川市など数多くでかば焼きなどが用意されています。しかも2尾以上が多く、しっかりと堪能できる量になっていますのでお得です。

同じ量を飲食店で食べようとすれば軽く10,000円は超えてしまいますから、とても贅沢な味わいと時間をくれる返礼品と言っても良いでしょう。静岡県内だけで比較してもいろいろなタイプがありますので迷ってしまうくらいです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう