ふるさと納税でもらえるお礼の品「うなぎ」を選ぶ際の比較ポイント

ふるさと納税とは、わずかな自己負担で好きな自治体に寄付することができ、そのお礼として特産品をいただける制度です。
「土用の丑の日」じゃなくても食べたくなる、高級品のうなぎもお礼の品としていただくことができます。
各自治体を比較して選びましょう。

-AD-

寄付額10,000円から

インターネットで検索してみると、ふるさと納税ができるサイトは多数あり、寄付する額やお礼の品も選ぶことができるため、ふるさと納税を気軽に始めてみることができます。

うなぎは最近値段が高騰していて、なかなか普段の食卓には並べることができなくなりました。こういう機会じゃないと食べないという方も多く、ふるさと納税のお礼の品として、このうなぎの人気が高くなってきています。

金額としてもお手ごろな10,000円からの寄付が可能で、国産の美味しいうなぎをお礼の品としていただくことができます。

うなぎをお礼の品として贈ってくれる自治体も多く、その自治体によって量や種類などが違ってくるので、いつくかの自治体を比較してみてから、自分の好みのうなぎを選ぶのがオススメです。

生産量を比較して選ぶのもオススメ

お礼の品を選ぶとき、生産量から選ぶというのもオススメです。

生産量を比較してみると、うなぎは静岡県浜松市のイメージが強い方も多いため、意外に思われるかもしれませんが、現在の生産量の一位は鹿児島県になっています。二位は愛知で、三位は宮崎、そして四位に静岡県がランクインしています。

そのため、一位の鹿児島県にふるさと納税すると、もちろんお礼の品としてうなぎをいただくことができます。特大サイズのものや、肝吸いがセットになっている本格的なもの、白焼きや蒲焼、ご飯さえ用意すれば温めるだけですぐに食べられる手軽なものまであります。

生産量が多い県だと、質もいいですし、同じ食材だとしても、選べるお礼の品の種類が豊富になるので、生産量を比較してみてそこから選ぶというのもオススメです。

還元率を比較してみましょう

ふるさと納税したいと思う自治体に寄付することがいちばんですが、せっかくなら質や量などを各自治体ごとに比較してみて、還元率の高い自治体を選んで寄付をするようにすれば、美味しいうなぎがよりお得に手に入るのでオススメです。

お礼の品は、その自治体の特産物や良い物を多くの人に知ってもらいたいという宣伝活動にもあたるため、質が悪いものを贈るということはそうそうありません。

その中でもさらに質の高いものを求められる方でしたら、老舗の店が提供しているところや、モンドセレクション金賞を受賞しているところを選ぶと、よりクオリティーの高いうなぎが食べられます。

量を重視する方なら、鹿児島県や愛知県などから10,000円の寄付で200~350グラムほどのうなぎを贈ってくれるという自治体もあるので、そういったところを選ぶと満足できるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう