ふるさと納税の返礼品でお得にうなぎをもらってスタミナをつけよう

ふるさと納税は地域の活性化を手伝いつつ、お得な返礼品がもらえます。スタミナがつく高級魚のうなぎを用意している自治体もあり、蒲焼や白焼き、大和煮、などが楽しめます。

-AD-

地域活性化を手伝おう

ふるさと納税は、好きな自治体を選んで寄付することで、その地域の活性化を手伝いつつ、お得なお礼の品がもらえる制度です。お得度は自治体によって異なりますが、どの自治体も他の自治体に負けじと、豪華な返礼品を用意し始めています。

以前まではそれほど人気がありませんでしたが、東日本大震災の復興支援で人気が出たのをきっかけにして、ふるさと納税の認知度が一気にアップしました。

サラリーマンなどは給料から天引きされて税が納められるので、普段自分が納めたお金が何に使われるか全く考える機会がありません。

しかし、ふるさと納税では自分が応援したい自治体に自分で申し込んで納税するので、税の使い道を見直すきっかけになります。これをきっかけに地域の魅力を再発見できる可能性もあります。

美味しくてスタミナがつくうなぎ

うなぎは、美味しくてスタミナがつく食材として昔から人気があります。ビタミンA・B群が豊富で、疲労回復をサポートしてくれます。夏バテする時期でも、うなぎを食べれば食欲減退を防ぐことができます。

土用の丑の日に食べるイメージが強く、夏の食材のように思われていますが、土用の丑の日は四季それぞれにあるので、夏以外にも食べられています。

ふるさと納税の返礼品としても様々な自治体がうなぎをお礼の品として扱っているので、季節の変わり目などにもらって食べてみるといいでしょう。もちろん、土用の丑の日以外に食べてもOKです。

返礼品として用意している自治体には、静岡県吉田町や和歌山県湯浅町などがあります。九州では鹿児島県指宿市で備長炭を使って焼いたうなぎが用意されています。

地域の食べ方を真似してみよう

うなぎは地域によってメジャーな食べ方が異なることもあります。一般的なのはうなぎの蒲焼きで、甘じょっぱいタレなので日本人の味覚にピッタリです。他には、白焼きで食べる地域もあります。

例えば茨城県土浦市では、珍しい白焼きを用意しています。蒲焼とは違い、わさび醤油で食べます。もちろん、タレをかけて蒲焼風味で食べてもいいです。

他に大和煮もあり、これは国産の白焼きでは大きくなりすぎたものを使っています。ご飯の上に乗せてお湯をかけて食べると、うなぎの出汁茶漬けとしていただけます。

名古屋ではひつまぶしとして食べたりと、地域の食べ方を真似してみるのも新鮮で楽しいでしょう。

ふるさと納税として寄付すれば、高級魚のうなぎもお得にもらって食べることができます。全国の旬の味を楽しんでみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう