ふるさと納税の仕組みと人気のあるいちごの比較検討について

ふるさと納税は地方の産業の発展に貢献できる画期的な税制であると言えます。また納税者は返礼品を受け取れてメリットも多いと言えます。返礼品として人気のいちごなどの産地も多く好みに合わせ比較検討して納税するとよいでしょう。

-AD-

ふるさと納税という画期的な税制

ふるさと納税とは日本でも非常に画期的で珍しい税制策と言えるでしょう。

本来なら、住民税とは自分が居住したり住民票をおいている自治体に納税するものですが、自分の居住や住民票にかかわらず好きな自治体に住民税を納税できるのがふるさと納税なのです。

住民税とはどうしても人口密度の高い東京や大阪といった首都圏に集中しがちです。しかしふるさと納税によって税収の一極集中をさけ、地方に分散する点で非常にメリットの多い税制なのです。

ふるさと納税によって地方山間部に税金が行き届くと地域が活性化し、その地の産業などの発展にも大きく貢献できるわけです。すると日本全体の産業が活性して発展していくので、経済も「発展することが期待できるのです。

実際一部の地方では地域活性が目覚ましくなり過疎化を免れたところもあるのです。

納税する人のメリットとは

ふるさと納税というと、地域の活性、産業の発展といったことが注目されますが、納税する側も非常にメリットがあるのです。

それは地方自治体に納税することによってそのお礼として返礼品を受け取ることができるのです。自治体によっては納税額を上回る返礼品を用意しているところもあり、それが社会問題ともなりました。

商品券などを返礼品にすることもあり、さすがに規制がかかり今後返礼品の率を下げる政策が出されました。

しかしながら、首都圏ではとても高価でなかなか手に入らない農産物などを受け取ることができ、今後ますますふるさと納税を活用する人が増えることが予測されているのです。

税金を納めてなおかつ高級な農産物に舌鼓を打てるといった政策は世界中であってもまれであと言えるのです。

返礼品として人気の高いもの

特に返礼品で人気の高いものはネットでも検索することがきるのです。とくにいちごやメロン、桃、マンゴーといった高級果物は人気が高い傾向にあります。

返礼品は、地方の農協などから直接自宅に宅配で届くので市販のものと比較しても鮮度が高く、品質もよいのが特徴です。しかし一口にいちごといってもその品種は膨大にあり、どうやって比較検討して選択すべきか困惑してしまいます。

しかし、いちごは産地やブランドによって風味や酸味、あまみがはっきり区別できる果物でもあるので、自分の好みによって簡単に選択しやすい果物でもあるのです。

産地と言えば栃木や静岡、福岡などのブランドいちごが有名ですが、比較検討に迷った場合には地震で被災した熊本県産のいちごを選択してみても良いでしょう。

おいしいいちごを返礼品としていただけ、地域の復興に役立つことができるので非常に賢明な選択であると言えます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう