ふるさと納税でもとても人気になっているお米の返礼品について

現在のふるさと納税を支えているのは魅力的な返礼品の数々です。その中でも非常に人気が高いのがお米であると言えます。日本各地で生産されている特産品としてニーズの高い返礼品に数えられています。

-AD-

ふるさと納税で人気上位の返礼品

ふるさと納税での楽しみと言えば、寄付金のお礼として贈られてくる数々の返礼品であると言えます。

実に様々な商品をお礼として受け取ることが出来ますが、全国各地の農産物などは人気の高い返礼品として広く知られています。その中でもお米は非常に人気が高いことで知られています。

概ね1万円の寄付金に対して5kgから10kgのお米を返礼品として受け取ることが出来る仕組みになっており、後々税金から控除を受けることが出来るということを考えると、非常に魅力的な仕組みであると考えることが出来るのです。

この様な仕組みを上手に利用してお得にお米をもらう人が増えてきています。日持ちのする農産品として他の返礼品よりも取り扱いに便利であるという点においても人気の高さが感じられます。

お米はその自治体の特産品がおすすめ

ふるさと納税では基本的にその土地の名産品が返礼品として用意されているケースが多くなっています。

農産品の場合にはその自治体で生産されている自慢の一品をお礼として返しているケースが多く、その様な返礼品を用意している自治体のふるさと納税制度を利用するのがお得な選択肢であると言えます。

もらえる返礼品についても自治体をしっかりと選択する必要があると言えます。全ての自治体が同じ条件であるというわけではなく、自治体によって寄付金に対するお礼の内容に違いがあるのです。

例えば、一万円の寄付金に対して5kgの返礼をする場合もあれば、10kgの返礼を行う場合もあります。銘柄などのことも考えてメリットを大きく感じつ自治体を選択するというのも基本的な考え方の一つであると言えるでしょう。

新米の季節におすすめのふるさと納税

ふるさと納税においてお米の返礼を目的としている場合、年間を通じて申し込みをすることが出来ます。自治体の対応にもよりますが、申し込みがあってから丁寧に対応してくれるというのが一般的です。中でもお勧めできるのが毎年の新米の季節に申し込むという方法です。

新米の季節になってから申し込みを行う場合、新米を送ってもらうことが出来る自治体がほとんどです。この様な時期を狙ってふるさと納税を行うことが美味しいお米をもらうための工夫として使うことが出来ると言えるでしょう。

同じ条件でもらうことが出来る仕組みになっていますので、折角であればこの様なチャンスを生かした方がお得であると言えます。その土地で作られた農産品をもらうというのは非常に魅力的なものであると言えます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう