ふるさと納税の仕組みと返礼品であるハムなどの量に関すること

ふるさと納税が地方にも税収を拡散させようと考えられた税制です。納税者はこの制度を活用することでメリットがあります。それは大量に入ったハムなどの加工品をはじめとする返礼品を受け取ることができるのです。

-AD-

納税者にとってのメリットとは

この税制を活用し、地方に住民税を納付すればその地方の特産品や農産物を返礼品として受け取ることができるのです。

一般的に高額納税者とされる高所得者や子供なしの夫婦共働き世帯は、住民税が高くあまりメリットがない状態でした。しかしふるさと納税は、こうした納税額が多い世帯により多くの返礼品を受け取れるシステムであり、非常にメリットが多いのです。

返礼品にはお米、お肉、魚など食生活に欠かせない農産物を受け取ることができ、生活の足しにすることができるのです。納税額が非常に多い人では食生活をふるさと納税だけでまかなっている人も存在します。

また、地方自治体によっては家電製品などや商品券などの返礼品を用意したり、旅行券や映画のチケットなどレジャー系の返礼品を用意するところもあるのです。

具体的に人気のある返礼品

こうしたふるさと納税の返礼品で人気のあるものはインターネットを見れば一目瞭然です。その返礼品の量は膨大であり、人気のあるものはランキング形式で列挙されています。

特に人気のある返礼品は量が多く、食べごたえのあるものであり、神戸牛や松坂牛の切り落としの詰め合わせ500グラムや、秋田などのお米5キロを三袋などが人気になっています。またハムやソーセージなどの詰め合わせの量も多く、非常に人気の高い返礼品になっています。

ハムは真空でパックされているので、生の牛肉などと異なり日持ちがするので人気です。ハムはお弁当に入れたり、サンドウィッチやパスタなどにしたり料理の汎用性が広く、主婦層に特に人気のある返礼品となっています。

養豚が盛んな地域で厳選された材料で作られたハムは市販のものと違って極上の味わいです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう