ふるさと納税を活用して名古屋コーチンを使った鶏肉料理を楽しむ方法

ふるさと納税の返礼品として用いられる地元の特産品の多くはその地域を代表するものなので、最高級ランクの食材が用いられています。愛知県で有名な特産品は鶏肉(名古屋コーチン)で、比内地鶏・薩摩地鶏と並んで日本三大美味鶏として知られています。

-AD-

名古屋コーチンの紹介と肉・卵の特徴

名古屋コーチンは、全国的に有名なブランド鶏肉で、正式名称は「名古屋種」という鶏です。愛知県小牧市が発祥で、鶏肉と卵の両方がブランド食材として取引されています。

江戸時代に尾張藩士が鶏の飼育を始めてから、愛知県地方は養鶏が盛んな地域となりました。明治時代初期に元尾張藩士の海部壮平と弟の正秀が、中国のバフコーチンという鶏と地元の鶏を交配して名古屋コーチン(名古屋種)が誕生しました。名古屋種は卵をたくさん産むので、肉と卵の両方が高級食材として全国的に知られています。現在は、採卵用と肉用に分けて飼育されています。

名古屋種は、他の鶏と交配しないように純血種が保たれているので、昔ながらの地鶏の味わいを堪能することができます。ブロイラーよりも飼育期間が長いため、肉はコクのある味と引き締まった歯ごたえが特徴です。

卵は黄身の割合が多くて卵黄が濃厚なため、厚焼き卵にするとしっかりと引き締まった食感が味わえます。愛知県地方の自治体の多くが、ふるさと納税の返礼品として地元で生産される鶏肉や卵を活用しています。

名古屋コーチンを使った料理の紹介

地鶏肉を使った愛知県地方の郷土料理として、「かしわのひきずり」が有名です。「かしわ」とは鶏肉を、「ひきずり」とはすき焼鍋のことを指します。これはすき焼鍋ですが、鶏肉に合うような味付けや調理方法が用いられています。「かしわのひきずり」鍋の他にも、手羽先、焼き鳥、刺身、串焼き、鶏飯、味噌漬けなどの郷土料理があります。

卵については、だし巻き卵、親子丼、伊達巻、温泉たまご、煮卵、などの卵料理に用いられます。卵黄が滑らかで濃厚であるという特色を生かして、プリン、ケーキ、アイスクリームなどの洋菓子にも利用されています。

愛知県の自治体の多くで、ふるさと納税の返礼品として名古屋コーチンの調理前の肉や卵、鍋セットや焼き鳥、親子丼、洋菓子などが活用されています。

ふるさと納税で名古屋コーチンを楽しむ方法

愛知県地方の自治体の多くで、ふるさと納税の返礼品として名古屋コーチンの肉や卵、加工食品がもらえます。特におすすめの自治体は、「名古屋種」発祥の地である愛知県小牧市です。

1万円以上の寄付で1羽分の「鍋セット」(2~3人前)がもらえます。普通の鍋セットと「引きずり鍋セット」があります。鶏肉料理の定番である焼肉を選択することもできます。

1万円の寄付でお得な「焼き鳥セット」(もも肉串40g・むね肉串40g・手羽中串2個刺し・つくね串3個刺しが各5本、タレ付)がもらえます。卵であれば、1万円の寄付で貰える「仙寿卵食べ比べセット」(40個)がおすすめです。生食が可能で、たまごかけご飯醤油1本が付いています。他にも親子丼セット(レトルト)やお菓子などを選ぶことができます。

愛知県小牧市は、1万円の寄付で鶏肉や卵を使った食品を幅広く選ぶことができるのでおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう