ふるさと納税の仕組みや魅力と返礼品30,000円の鶏肉について

ふるさと納税は税収がすくなくなってきた日本をたてなおすための画期的な税制です。納税者には返礼品として30,000円相当の鶏肉や牛肉を返礼品として受け取ることができるのです。

-AD-

ふるさと納税の方法やメリット

ふるさと納税の魅力は、何と言っても自分が好きな自治体を選択して納税できると言う点です。自分の故郷が過疎化していれば納税することでこうした事態に少しでも歯止めをかけることができるのです。

そして最大の魅力は、ふるさと納税をすると、その地方の特産品や農産物を返礼品として受け取ることができるのです。この返礼品は、地方山間部のPRや広告になるものなので、その地でも一級品と言われる上質の特産品を贈ってくる可能性が高いのです。

北海道であれば毛ガニ、兵庫県であれば但馬牛、宮崎県ではマンゴーなど普段は高くて手の出せない高級品を返礼として受け取れるのです。

納税方法はいたって簡単であり、インターネットからサイトを経由しカード決済で納税できてしまうのです。確定申告の必要のないワンステップ納税の登場で、より納税しやすくなっているのです。

返礼品の30,000円の鶏肉について

納税額で多いのが10,000円から30,000円と言われています。そこで30,000円分の鶏肉や牛肉を選択して納税する人も非常に多い傾向にあります。

鶏肉や牛肉など、たくさんの肉類を注文すると食生活が浮くので、それを選択する人も非常に多いのです。しかし30,000円の鶏肉となると大量に届く可能性があり、食べきれずに冷凍保存する人も少なくありません。

しかしふるさと納税で送られてくる鶏肉は、高品質で高級品であり風味も良いため、冷凍保存して風味を損なったり鮮度を落としてしまうのは非常に勿体ないと言えるのです。

そのため肉類などは、出来るだけ食べきってしまったほうがよく、5,000円から10,000円程度の肉類を頼むようにする方が賢明であると言えるのです。もしくはソーセージなどの加工品を頼むと量が多くても日持ちがするのでおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう