人気のある納税スタイルふるさと納税と返礼品の鶏肉の量について

ふるさと納税は地方の活性化に一役買っていますが、地方間格差を生み出すようにもなっています。しかし地方の返礼品とされる鶏肉などは風味が豊かで量も多く主婦層を中心に人気となっています。

-AD-

ふるさと納税の利用者について

日本には、ふるさと納税という納税スタイルがあります。この納税方法は、自分の好きな地方自治体を選択し、納税することができるのです。

この納税の最大の目的は、住民税の一極集中型を打破すことにあるのです。どうしても人口が多い大阪や東京といった首都圏にだけ住民税や集まりやすく、人口密度の低い地方では税収が乏しい傾向にあるのです。これでは地方の活性化が危ぶまれ。しいては地方の産業が衰退しかねないのです。

こうしたことを避けるために納税者であれば自分の好きな自治体を選択し納税でき、地方の活性に一役買えるシステムが作られたのです。

しかし、ふるさと納税をしている人の多くは、地方の活性や産業の発展よりも、納税して得られる返礼品を目当てに、ふるさと納税を活用している人がほとんどなのです。

返礼品の実情について

住民税が地方自治体にまんべんなく拡散していくと考えられたふるさと納税ですが、その思惑は大きく外れることになりました。

それは、日本人が大好きな農産物を生産する地方自治体だけに納税が多くなり、人気のある産業を持たない自治体ではますます税収が乏しくなってしまいました。

大阪や東京の一部では、あまりに多くの人が地方に納税するために住民税が減少の一途をたどるようになったのです。とくに日本人が好きなメロンやカニの産地だけが税収で潤うようになっており、ふるさと納税によって地方間の格差も大きく生じるなどの問題も起こっているのです。

そのため、首都圏などでも返礼品として家電製品をおくるなど、苦肉の策が講じられるようになっているのです。また、商品券をばらまく事態にもなり問題も一部で表面化しています。

ふるさと納税で人気の高い返礼品

しかしながらふるさと納税は、税金を納めながら食費の足しにもできるとして主婦層を中心に人気が高まっています。なかでも返礼品として鶏肉や豚肉なども人気にです。

日本人の食卓に鶏肉や豚肉は欠かすことができず、消費量も多い食材であると言えます。ふるさと納税では鶏肉などの返礼品の量も多く、何日にも分けて食べることができ、家計の大きな助けになるのです。

鶏肉の量が多くても、冷凍すれば長期間それを保存することもできます。また鶏肉は料理のレパートリーも豊富で汎用性が広いために返礼品として人気です。地方によっては地鶏といってブランド鶏も豊富です。

養鶏所のえさや、運動のさせ方によって肉の弾力や風味、甘みなども異なり、それを比較するのもふるさと納税の返礼品の楽しみ方の一つと言えるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう