ふるさと納税で還元率が高い豚肉(三元豚)がもらえる自治体の探し方

ふるさと納税を上手に活用すれば、お店で購入するよりも実質的に安い値段で食材を買い揃えることができます。普段の食材として欠かせない豚肉(三元豚)がお得にもらえる自治体があります。

-AD-

三元豚についての豆知識

最近、外食レストランやテイクアウトのお弁当屋さんなどで、「三元豚」の表示を目にすることがあります。何となく豚肉の種類であることは分かるものの、具体的に何を意味しているのかを知る人は少ないかもしれません。
三元豚とは三種類の豚を交配させた食用の雑種豚のことです。これは一代限りで、繁殖をさせることはありません。日本では、ランドレース(デンマーク原産の大型種で繁殖力に優れる)、大ヨークシャー(イギリス原産で赤身と脂肪のバランスが良い)、デュロック(アメリカ原産で肉質が良い)の3種類を交配させたものが多いです。中にはバークシャー(イギリス原産の黒豚で肉質が極めて良い)を掛け合わせた「黒豚」もあります。三元豚とは、日本人が普通に食べている豚肉のことです。
ちなみに欧米では、4種類の豚を交配させた四元豚のほうが一般的です。

ふるさと納税でお得に豚肉をもらうコツ

ふるさと納税の返礼品として、三元豚を活用する自治体がたくさんあります。豚肉は牛肉よりも安価なので、寄付額の割にもらえる量が多いという特徴があります。自治体によって還元率やもらえる量にばらつきがありますが、1万円の寄付であれば2~3kgの豚肉がもらえます。自治体の中には1万円の寄付で4kg以上のお肉がもらえる所があり、還元率が100%を超えるケースもあります。
ふるさと納税でお得に豚肉(三元豚)を購入するための目安として、寄付額1万円あたり4kgかそれ以上のお肉がもらえる自治体を選べばかなりお得です。高価なブランド豚であれば、1万円の寄付でもらえるお肉の量が1kg未満のケースもあります。
還元率が高くてお得な自治体は人気が高く、出品後にすぐに品切れになってしまうケースもあります。あらかじめどこか特定の自治体に狙いを定めておいて、新たに出品されたらすぐに申込手続きをするようにしましょう。

お得に豚肉(三元豚)がもらえる自治体とは

ふるさと納税でお得に豚肉がもらえる自治体ですが、宮崎県都城市が有名です。都城市では過去に1万円の寄付でもらえる返礼品として、合計5kgもの国産豚肉が出品されたことがあります。この時の還元率は、100%を上回るほどでした。都城市の返礼品の多くは数量限定で、出品されるとすぐに品切れになってしまいますが、年に何度も出品されます。
他にも香川県三木町・佐賀県上峰町・茨城県境町で、1万円以上の寄付をした際の返礼品として合計4kgの豚肉が出品されたことがあります。還元率が高い返礼品は応募が殺到するのですぐに品切れになってしまいますが、サイトで告示されている次回の出品予定日に合わせて申し込みをするようにしましょう。調理前のお肉は期間・数量限定のケースが多いのですが、ハム・ソーセージ、ハンバーグなどの加工品であれば通年募集している場合があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう