50,000円以上100,000円以下のふるさと納税、豚肉の返礼品を比較!

ふるさと納税の返礼品で特にお得で人気があるのが豚肉ですが、50,000円以上100,000円以下の寄付をしたときの返礼品は、どこが一番コスパがよいか、返礼品のタイプ別に徹底比較しました。

-AD-

都城市のすごい定期便

ふるさと納税の返礼品で豚肉は、ボリュームのある返礼品として有名ですが、50,000円以上100,000円以下の寄付をするととても一回では冷凍庫に入りきらない量が届く自治体も多いです。

2015年度ふるさと納税の寄付額全国トップの宮崎県都城市の100,000円の寄付でもらえる10ヶ月定期便がすごいのです。

6月から翌年3月まで毎月届く、定期便のセットがいくつか用意されているのですが、特に「バイオ茶ポーク」の人気セット定期便を選ぶと、毎月4kgから5kgのお肉が届くので、定期便が届く期間はスーパーに豚肉を買いに行く必要がないほどです。

都城市では、2017年7月から、返礼品の還元率を3割程度まで引き下げることを検討しているため、よりお得な返礼品をゲットするには早めの納税がすすめです。

何月からでもはじめられる定期便

ワインの産地として有名な山梨県甲州市も、ふるさと納税の返礼品に豚肉の定期便を用意しています。

甲州市では、ワインを飲んで育った豚、ワイン豚が有名で、ワインを与えることで健康に育ち、薬を与えなくても済み、また臭みも消え、料理のときにもアクの出にくい豚になるといわれています。そのワイン豚を返礼品にしている定期便をいくつも用意していて、好みに応じて、返礼品を選ぶことができます。

50,000円の寄付に対する返礼品でも、6種類の定期便があり、ひき肉やトンカツ用、しゃぶしゃぶ用など決まった商品が毎月届くセットや、1月はしゃぶしゃぶ用、2月は焼肉用などのように毎月違う部位が届くセットもあります。

甲州市の定期便は、寄付した月の翌月から1年間毎月届くようになっていて、何月からでも始めることができるのも魅力です。

奈半利町は、金額調整に便利

都城市と同じくふるさと納税の返礼品の還元率が高いことで人気の高知県奈半利町は、納税額を細かく刻めることでも有名ですが、50,000円以上の金額でも金額を細かく刻んでいて、自己負担2,000円で納税できる額ぎりぎりまで納税したい人にはとてもおすすめできる自治体です。

奈半利町の豚肉を扱った返礼品には、まず50,000円の福袋デラックスがあります。福袋なので内容は細かく見ることができませんが、豚肉をはじめ、農産物やお米、干物などいろんなものが入っていて、ちょっとずついろんなものが欲しいという人にはもってこいの返礼品です。

また、5,9000円の寄付で選べる奈半利町米ヶ岡ポーク定期便は、1.15kg程度の豚肉を毎月(年12回)送ってもらえます。内容はロースやバラスライスなど数種類の部位が入っているので、調理にも便利です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう