ふるさと納税で30,000円以上寄付すると貰えるおすすめの豚肉

ふるさと納税で一部自治体に寄付した場合、食肉をはじめとする地域の特産品が貰えるのをご存知ですか。そこで、30,000円以上50,000円未満の寄付をすると貰える豚肉を紹介します。

-AD-

鹿児島県志布志市の豚肉

志布志市は鹿児島県の東部に位置する市町村で、3万人前後が暮らしています。市内にある志布志港は中核国際港湾として整備されており、北米やヨーロッパといった航路が設けられています。

特産品は黒霧島といった芋焼酎が有名ですが、豚肉や牛肉などの食肉も人気です。ふるさと納税を使って鹿児島県志布志市に30,000円以上寄付した場合、鹿児島県産黒豚である「かごしま黒豚」の応募が出来ます。

1999年に商標登録されたブランド豚肉で、過去にランクBという食肉市場では牛肉同等レベルを獲得した実績があります。

30,000円以上寄付すると、黒豚の詰め合わせセットのほか、最高級品と知られる黒豚ハムセットが食べられます。セット内容はハムだけでなくウィンナーや角煮など、加工品も含まれます。

鹿児島県鹿屋市の豚肉

鹿屋市は鹿児島県の南東に位置する市町村で、今でも10万人前後が暮らしています。鹿児島県最南端にある大隅半島の行政や経済、産業の中核を担っている都市です。

年間平均気温が17度前後と温暖な気候を活用した産業が盛んで、放牧されている黒豚や落花生が特産品として人気があります。鹿屋市に30,000円以上寄付したら、前述したような黒豚の食肉が贈呈されます。

「JASオーガニック放牧黒豚」を使ったステーキ用カット肉としゃぶしゃぶ用の2種類から選択できます。他の地域で育つ黒豚と違い、抗生物質や成長ホルモンを一切使用せず、時間を掛けて生産者が育てています。

JASオーガニック黒豚として認められたのは、鹿屋市の豚肉が日本で最初です。臭みが全く無いため、獣臭は苦手という方でも安心です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう