10,000円のふるさと納税でお得に豚肉が貰える自治体の紹介

多くの自治体ではふるさと納税の返礼品として地元で生産される畜産物を活用しています。10,000円の寄付金で国産豚肉を貰える自治体があり、上手に活用すればお店で購入するよりもお得です。

-AD-

ふるさと納税で貰える豚肉とは

ふるさと納税の返礼品で多いのが、地元で生産される畜産物です。高級和牛や地鶏などが人気を集めていますが、最近は国産の豚肉も人気があります。

牛肉と比べて豚肉の方が少ない寄付額で貰うことができますし、貰える量が多いというメリットがあります。10,000円の寄付でも高級豚肉が貰える自治体もあり、お得に贅沢な気分を味わうことができます。調理前の豚肉だけでなく、ハムやソーセージ、ベーコンなどの加工品が貰える自治体もあります。

ふるさと納税の返礼品として出品される食肉は数量が限られているため、すぐに品切れとなってしまう場合があります。このため、最初にどこか特定の自治体に狙いを定めておき、お目当ての品物が新たに出品されたらすぐに申込手続きを行うようにする必要があります。畜産品は品切れとなっても再度同等品が出品されることがあるので、こまめにサイトをチェックするようにしましょう。

ふるさと納税でお得に豚肉が貰える自治体

調理前の状態のお肉で一番お得なのは宮崎県都城市で、「都城美鮮豚 切り落とし大容量」「都城産バイオ茶ポーク“メガ盛”」「都城産菜のはな豚「得盛り」こま切れ」で、いずれも合計5kgの切落としまたはこま切れ肉が貰えます。

香川県三木町・ 佐賀県上峰町・ 茨城県境町は、いずれも10,000円の寄付で合計4kgもの国産高級豚肉が貰えます。香川県三木町の「オリーブ豚モモスライス4kg」は切落としではないので、贈答品としても利用できます。

ハンバーグ用であれば茨城県石岡市の「弓豚あらびきミンチ4kg」がおすすめです。これも10,000円の寄付で貰えます。冷凍保存が可能で、家庭でも使いやすいように小袋に分けられています。

高知県室戸市の「ジオポーク3kg」も人気が高く、出品後にすぐに品切れとなってしまいます。これも年に何度か出品されるので、品切れでも諦めずにチャレンジすることができます。

お得に加工済みの豚肉が貰える自治体

ふるさと納税でお得にハム・ソーセージ・ベーコンなどの豚肉加工品が貰える自治体があります。

いちばんのおすすめは、宮崎県都城市の「ハンバーグ・ウィンナーセット」で、セットの内容は宮崎牛入りハンバーグ160g×10枚・スモークウィンナー1kg・ホワイトウィンナー1kgの合計3.6kgです。

贈答用として利用するのであれば、岐阜県美濃加茂市の「明宝ハム詰め合わせ」がおすすめです。このアイテムは岐阜高島屋がセレクトした高級ハム・ソーセージの詰め合わせで、合計1.68kgのセットです。

山形県鶴岡市の「あつみ豚詰合せセット」もおすすめです。これはハム・ソーセージの他に、ブロックベーコンやチャーシューなどの詰め合わせセット(合計1400g~1700g)です。他にも10,000円の寄付額で1kgを超える豚肉加工品が貰える自治体がたくさんあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう