牛肉に見劣りすることなし!ふるさと納税返礼品の豚肉を比較する

高額な返礼品について何かと話題のふるさと納税。なかでもブランド牛肉は頻繁にメディアで取り上げられています。それに比べ、豚肉は少し落ちるイメージがあるかもしれません。しかし、各地の返礼品を比較することで、その良さがはっきり見えてくるはずです。

-AD-

米を食べて育った高品質の豚肉

食味試験でも高評価を得る日本有数の米どころ、山形県庄内地方。その土地で生産される飼料米を食べて育ったのが平田牧場の「三元豚」。

3種類の豚を掛け合わせたことで生まれた肉質は、柔らかく脂が口の中でスッと溶けるよう。山形県遊佐町への1万円以上の納税で貰える「平牧金華豚・三元豚ロース・バラ合盛しゃぶしゃぶ」はボリュームのあるお得なセットです。三元豚のロース300g・バラ250gに加え、日本で2か所でしか生産されていないことから「幻の豚」と言われる金華豚のロース200gまで入っています。

同じ納税金額で、「三元豚肩ロース味噌漬け」も選ぶことができます。こちらは先のしゃぶしゃぶと比較して豪華さが落ちるように見えがちですが、真空加工された8枚セットですので家族が多い方にお勧め。

梅肉エキスで育った無添加の豚肉

熊本県上天草市のふるさと納税の返礼品で貰える、天草梅肉ポーク株式会社による梅肉ポークは、抗生剤などを一切使用せずに梅肉エキスによって育った安心・安全な豚肉です。

農林水産大臣賞や銘柄ポーク好感度コンテスト優秀賞を受賞しており、その品質も間違いなく絶品。この梅肉ポークが生まれた背景には生産者さんの壮絶な苦悩と困難があり、それを想いながら味わうことで、また一段と「ふるさと納税」を感じることができるでしょう。

1万円からの納税の返礼で選べるのは「モモしゃぶセット750g」と「バラエティギフト0.8kg」。バラエティギフトは、ミンチ400gとバラしゃぶ200g、モモしゃぶ200gで構成されています。

2万円からの納税では、1万円と比較するとぐんとバラエティ豊かになり、スペアリブやソーセージまで付いてくる「焼肉セット」、「バラしゃぶセット」等を選ぶことができます。

ワインで育った味わいの深い豚

れまで色々な飼料で育ったブランド豚を紹介しましたが、山梨県甲府市のふるさと納税返礼品で貰えるのは、なんと株式会社ミソカワイントンによるワイン豚。先の2件と比較すると、納税金額は5千円からと手軽。5千円からの返礼品でも、しゃぶしゃぶ、焼肉、など7種類から選ぶことができます。

量が少ないかと言えばそのようなことはありません。しゃぶしゃぶ・焼肉・豚カツは700g、豚トロ500g、ブロック肉1㎏、ひき肉に至っては1.5kgと非常にお得。5千円でこの内容ならば、1万円からは…というと、ボリュームが更にアップ。およそ2倍の数量になります。

豚肉のブランド名を挙げてみてと言われると、なかなか思いつかないのが一般的かもしれません。

しかし、ふるさと納税の返礼品を通して、日本には優秀なブランド豚肉が数多くあり、かつとても魅力に溢れていることがわかります。調理法も幅広い食材なので、楽しみ方もますます広がることでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう