ふるさと納税でコスパ抜群で豚肉がもらえるのはどこの自治体?

ふるさと納税は自治体にお金を落とす仕組みとして優れています。1万円の寄付で5kg近くの豚肉がもらえてしまう自治体もあり、肉部門の中ではコスパ競争が激化しています。

-AD-

ふるさと納税はお礼がもらえる

ふるさと納税は納税と言っても、自治体に寄付して応援する制度です。生まれ故郷に限定されず、好きな自治体を選んで構いません。

災害にあって財政が大変そうだから応援したい自治体や、欲しい返礼品がもらえる自治体を選んでもいいです。目的はどうであれ、その自治体にお金を落とすことで地域の経済を潤すことができます。

普段食べられない豪華な食材から、毎日使う身近な食材、さらには体験型の返礼品もあるので色々選んでみると楽しいでしょう。

今ではまとめて情報をチェックすることができるポータルサイトがあるので、それを利用すると簡単です。ポータルサイトによってポイントの還元率が違ったり、扱っている自治体の数が違うなど特徴が異なるので、それぞれの特徴を理解して使うといいです。

豚肉はコスパ重視で選ぶのが正解

ふるさと納税では牛肉を扱っている自治体も増えていますが、お腹いっぱい食べたいという量を重視する人には、豚肉の方がオススメです。

同じ寄付金額でも、豚肉はコスパが優れていて1万円の寄付で3kg以上もらえる自治体もあるからです。特典として扱っている自治体は200以上もあり、その中では1万円の寄付で3kgがもらえるようになっている自治体が増えています。

今まではもっと少なめでしたが、ふるさと納税の返礼品が各自治体とも豪華になってきたため、競争が激化してさらにコスパを高めています。

返礼品のジャンルの中でも、豚肉は競争が激しい部門といっても過言ではありません。用意する自治体からすれば大変ですが、自治体の生産者にとっては自分たちの育てた豚を全国に知ってもらうことができるというメリットもあります。

コスパが良い自治体は?

1万円の寄付で5kgもの豚肉がもらえてしまうということで人気なのが、宮崎県都城市です。牛肉でも1位、鶏肉でも2位と、牛・鶏・豚の肉全てが充実しています。都城市ではボリュームを増やすとともに、種類も増やしています。別の事業者が育てているブランド豚を用意しているので、それぞれの個性が楽しめます。

9,000円の寄付で豚肉4kgがもらえるのは、福岡県福智町です。乳酸菌を配合した独自飼料が与えられた乳豚がもらえます。

香川県三木町は、1万円の寄付で豚肉4kgがもらえます。他の豚に比べて果糖が多く含まれた種類の豚で、甘みがあります。これは抗酸化物質が豊富なオリーブの実を豚の飼料に混ぜているからです。

それぞれの地域のコスパ抜群の豚肉を比べて味わってみるのもいいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう