ふるさと納税をすると福祉施設製品をもらえたり税金が返ってきます。

ふるさと納税をすると福祉施設製品をもらえたり税金が返ってくるのをご存知でしょうか?
ここではそんな福祉施設製品がもらえる自治体をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税ではその地域に還元されます。

ふるさと納税をするとそのお金は全てその自治体の収入になります。地方交付税などだと使用するための用途が決められており、自治体な自由に使う事は出来ません。しかしふるさと納税の場合だと基本的には用途は自治体に任せられています。例外的に寄付した人が使い道を希望した場合にはそのように使わなければいけませんが、寄付した人が特に希望がない時には自治体が好きなように使われます。一般的には地域振興や保育所の整備などの福祉関係に使われたり、市立病院の整備などに使われる事が多いです。使い道が知りたい場合には自治体の公式サイトに行けば使い道を詳しく記載されています。インターネットの環境がない場合には自治体の総務課に電話をして担当者を呼び出せば詳しく教えてもらえます。

様々な福祉施設の景品がもらえます。

自治体にもよりますが、10000円以上ふるさと納税をするとその地域の特産品をもらう事ができます。自治体によっては障害者福祉に力を入れている場合があります。そのような自治体だと福祉施設製品を記念品としてもらう事ができます。福祉施設製品ですが、一般の業者が作る商品と品質に差はありません。福祉施設によっては専門のパティシエや職人が勤務している場合があり、その場合だと業者よりも質が良い場合があります。納付された額によっては10000円コースがあったり、20000万円のコースがあったりします。自治体がコースを決める場合もありますが、基本的には納税した人が特産品のコースを選ぶ事ができるようになっています。申請して1週間程度したら自宅に届く場合が殆どです。

ふるさと納税をすると税金が返ってきます

ふるさと納税をすると特産品や民芸品をもらえるだけでなく、税制面でもかなりの優遇を受ける事ができます。ふるさと納税をすると自治体からふるさと納税をした証明書が発行されます。そちらの証明書をもって確定申告をすると税制の優遇措置を受ける事が可能です。納税した額にもよりますが、税金が10000円程度返ってくる時もあります。確定申告はかなり複雑な制度で初めて行う場合には分からない人が殆どです。ふるさと納税の担当者に対して確定申告について確認すると分かる範囲で調べてもらう事ができます。万が一分からない場合でも最寄の税務署の連絡先を教えてもらう事ができます。教えてもらった税務署に行けば、確定申告の制度についてかなり分かりやすく説明してもらう事ができます。

ふるさと納税ではその地域に還元されます。

ふるさと納税をするとそのお金は全てその自治体の収入になります。地方交付税などだと使用するための用途が決められており、自治体な自由に使う事は出来ません。しかしふるさと納税の場合だと基本的には用途は自治体に任せられています。例外的に寄付した人が使い道を希望した場合にはそのように使わなければいけませんが、寄付した人が特に希望がない時には自治体が好きなように使われます。一般的には地域振興や保育所の整備などの福祉関係に使われたり、市立病院の整備などに使われる事が多いです。使い道が知りたい場合には自治体の公式サイトに行けば使い道を詳しく記載されています。インターネットの環境がない場合には自治体の総務課に電話をして担当者を呼び出せば詳しく教えてもらえます。

様々な福祉施設の景品がもらえます。

自治体にもよりますが、10000円以上ふるさと納税をするとその地域の特産品をもらう事ができます。自治体によっては障害者福祉に力を入れている場合があります。そのような自治体だと福祉施設製品を記念品としてもらう事ができます。福祉施設製品ですが、一般の業者が作る商品と品質に差はありません。福祉施設によっては専門のパティシエや職人が勤務している場合があり、その場合だと業者よりも質が良い場合があります。納付された額によっては10000円コースがあったり、20000万円のコースがあったりします。自治体がコースを決める場合もありますが、基本的には納税した人が特産品のコースを選ぶ事ができるようになっています。申請して1週間程度したら自宅に届く場合が殆どです。

ふるさと納税をすると税金が返ってきます

ふるさと納税をすると特産品や民芸品をもらえるだけでなく、税制面でもかなりの優遇を受ける事ができます。ふるさと納税をすると自治体からふるさと納税をした証明書が発行されます。そちらの証明書をもって確定申告をすると税制の優遇措置を受ける事が可能です。納税した額にもよりますが、税金が10000円程度返ってくる時もあります。確定申告はかなり複雑な制度で初めて行う場合には分からない人が殆どです。ふるさと納税の担当者に対して確定申告について確認すると分かる範囲で調べてもらう事ができます。万が一分からない場合でも最寄の税務署の連絡先を教えてもらう事ができます。教えてもらった税務署に行けば、確定申告の制度についてかなり分かりやすく説明してもらう事ができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう