最近注目されている財布に優しいふるさと納税

最近注目されている財布に優しいふるさと納税について。
ここではお財布にやさしいふるさと納税のやり方についてご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税のメリット

最近よく耳にするようになったふるさと納税ですが、手続きが複雑で面倒だと思っている人も多いのではないでしょうか。
ただ、上手く利用することで、自分もお得に、自治体も潤うことができますから、是非利用してみましょう。
ふるさと納税を行うメリットとしては、寄付した自治体から特産品などが受けられ、寄付金の使用方法が選択できる場合もあり、確定申告をすることで、自己負担が2000円のみになる場合もあるということがあげられます。
ふるさと納税というと、寄付した自治体から特産品が贈られるというイメージがありますが、最近では多くの自治体が寄付に関しての特典を用意していますから、旬の農産物や水産物などを受け取ることができます。
この特典目当てでふるさと納税を利用している人も多いのではないでしょうか。

財布にやさしいふるさと納税

ふるさと納税の寄付先は、自分の故郷だけではなく、自分で好きな自治体を選択することができます。そのため、応援したい地方などを選択し、自分たちの寄付が各地でどのように使用されているか、選択できる場合もありますから、使途用途を選択したい場合には、そういった自治体を選択するとよいでしょう。
自分の寄付したお金が、どのようにその地域で使われているかがわかると、その地域への愛着もわいてくるのではないでしょうか。
また、ふるさと納税は、自治体への寄付ですから、一定の上限があるものの、自己負担2000円以外の寄付金が、全額所得税と住民税から控除されます。
そのほかにも、自治体側のメリットとしては、寄付金が増えることで、自治体の行政予算を増加させることができ、その地域の活性化へとつながります。

ふるさと納税が注目される理由

最近メディアなどでも取り上げられることが多くなったふるさと納税ですが、実際やるとなると、ややこしそう、面倒という理由であきらめている人も少なくありません。
ただ、うまく活用することで、財布にもやさしくメリットもたくさんあります。
特産品や税金の控除などいくつものメリットがあり、支払い方法も、直接自治体の窓口に出向いて現金で支払うこともできますし、現金書留で郵送する方法もあります。また、銀行口座を使った振り込みも可能で、ネット銀行であれば、24時間いつでも納税することが可能です。
中でも、クレジットカードを使った納税では、ポイントもつきますから、賢い納税方法といえます。
このように、きちんと申告すれば、メリットが多い制度ですから、是非検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう