ふるさと納税で伝統の包丁でワンランク上の調理器具を手に入れよう

ふるさと納税で伝統の包丁でワンランク上の調理器具を手に入れませんか?
ここでは包丁をもらうことができる自治体をご紹介いたします。

-AD-

食べ物ばかりではないのがふるさと納税

人気を集めているふるさと納税ですが、食べ物や飲み物がメインが多いです。しかし、返礼品は食料だけではなく、伝統の器具や職人の技が詰まった民芸品などを送っている自治体もあります。普段はなかなか高級で手が届かない品がお返しにもらえます。持っているだけでワンランク上の使い勝手の良さ、丈夫さ、実用性などを実感できます。手に入りにくいものだからこそ、ふるさと納税を活用してその土地の伝統の技を手に入れてみましょう。何年も使えるのでコストパフォーマンスを考えた時にも納得できてお得なことが多いですし、作った方のぬくもりを感じることができます。例えば職人の技が光る包丁などは伝統があるものだと非常に高価ですので、返礼品でもらえると嬉しいものです。今までとは違う切れ味を体感してみませんか。

土佐打刃物がもらえてしまう高知県

高知県の江戸時代から続く伝統の国指定の伝統工芸品となっているのが、土佐打刃物と決まった技法で作られた包丁です。特に土佐打刃物の生産が盛んな地域が高知県の香美市で、ふるさと納税でも土佐打刃物がもらえます。まず5000円の寄付で野菜を切るのに適しているものが1本がもらえます。野菜のほか餅などを切るのにもちょうどよく、頑丈で長く使えます。同じ5000円で万能包丁もあります。野菜から魚、肉などマルチに切りやすく家庭用にピッタリです。さらに20000円の寄付だと両方のセットがもらえます。研ぐことで長年使えます。実際に使った方の評価も高く、実用的で長く使用できるのでふるさと納税した実感が持てます。伝統の技を家庭で体験できるので、普段の料理も楽しくなります。

熊本には他にも伝統工芸の技があります

同じ熊本県の湯前町も伝統工芸の技から作り出されるものがあります。熊本県の伝統工芸品に指定されている湯前町の刃物は現在も多くの鍛冶職人が集まる地域で、プロ向けはもちろん、生活様式に合わせた刃物も数多く生み出しています。熊本県湯前町のふるさと納税でも包丁を返礼品としてもらえます。1万円では野菜切か万能タイプのどちらかがもらえます。どちらも職人が1つ1つ丁寧に作っていて刃こぼれしにくく軽い力で切れてしまいます。3万円になるとそば切り包丁が選べます。なかなかそば切り用を売っているところはないですから、この寄付金の値段で本場のものが手にできるのは貴重なチャンスです。職人が手作りしているため、納品には時間がかかることもあるようですが、それだけの価値があります。

食べ物ばかりではないのがふるさと納税

人気を集めているふるさと納税ですが、食べ物や飲み物がメインが多いです。しかし、返礼品は食料だけではなく、伝統の器具や職人の技が詰まった民芸品などを送っている自治体もあります。普段はなかなか高級で手が届かない品がお返しにもらえます。持っているだけでワンランク上の使い勝手の良さ、丈夫さ、実用性などを実感できます。手に入りにくいものだからこそ、ふるさと納税を活用してその土地の伝統の技を手に入れてみましょう。何年も使えるのでコストパフォーマンスを考えた時にも納得できてお得なことが多いですし、作った方のぬくもりを感じることができます。例えば職人の技が光る包丁などは伝統があるものだと非常に高価ですので、返礼品でもらえると嬉しいものです。今までとは違う切れ味を体感してみませんか。

土佐打刃物がもらえてしまう高知県

高知県の江戸時代から続く伝統の国指定の伝統工芸品となっているのが、土佐打刃物と決まった技法で作られた包丁です。特に土佐打刃物の生産が盛んな地域が高知県の香美市で、ふるさと納税でも土佐打刃物がもらえます。まず5000円の寄付で野菜を切るのに適しているものが1本がもらえます。野菜のほか餅などを切るのにもちょうどよく、頑丈で長く使えます。同じ5000円で万能包丁もあります。野菜から魚、肉などマルチに切りやすく家庭用にピッタリです。さらに20000円の寄付だと両方のセットがもらえます。研ぐことで長年使えます。実際に使った方の評価も高く、実用的で長く使用できるのでふるさと納税した実感が持てます。伝統の技を家庭で体験できるので、普段の料理も楽しくなります。

熊本には他にも伝統工芸の技があります

同じ熊本県の湯前町も伝統工芸の技から作り出されるものがあります。熊本県の伝統工芸品に指定されている湯前町の刃物は現在も多くの鍛冶職人が集まる地域で、プロ向けはもちろん、生活様式に合わせた刃物も数多く生み出しています。熊本県湯前町のふるさと納税でも包丁を返礼品としてもらえます。1万円では野菜切か万能タイプのどちらかがもらえます。どちらも職人が1つ1つ丁寧に作っていて刃こぼれしにくく軽い力で切れてしまいます。3万円になるとそば切り包丁が選べます。なかなかそば切り用を売っているところはないですから、この寄付金の値段で本場のものが手にできるのは貴重なチャンスです。職人が手作りしているため、納品には時間がかかることもあるようですが、それだけの価値があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう