ふるさと納税で福祉・バリアフリー用品をもらう

ふるさと納税で福祉・バリアフリー用品をもらうことができるのをご存知でしょうか?
ここでは福祉・バリアフリー用品がもらえる自治体をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税は福祉・バリアフリー用品も

ふるさと納税の返礼品として、福祉・バリアフリー用品を用意している自治体もあります。返礼品は食べ物ばかりというイメージが強かったのですが、最近では雑貨や生き物、そして福祉・バリアフリー用品などの変わったものも返礼品になっています。
寄付する金額によってもらえる品物のレベルは異なるので、高額なものが欲しければそれなりの金額を寄付する必要があります。
例えば、高額なものだと鹿児島県肝付(きもつ)町が介護用ボータブルトイレ(リモコン付き)を用意しています。40万円以上の寄付でもらうことができます。自宅にトレイがあってもそこまで行くのが大変、面倒という場合に使えるグッズです。木製でトイレではなく椅子のように見えるデザインです。最新式のウォッシュレットで暖房便座、脱臭機能などがついています。

車椅子をもらいたいなら

鹿児島県肝付町では、介護用車椅子(次走式/介助式兼用)も用意しています。これも40万円以上の寄付が対象になっています。プロの現役介護士が選んだ多機能車椅子で、介護者にも使いやすい作りになっています。サイズ調整が細かくできて、体型に合わせることができます。アームサポートの跳ね上げ、フィットレッグサポートの回転や取り外しが可能です。クッションは高反発ウレタンフォームが使われているので、快適な乗り心地です。
鹿児島県肝付町は高齢化率が高く、過疎地域市町村になっています。そのため、返礼品としても福祉・バリアフリー用品に特化したものに目をつけているようです。
これより下の金額のふるさと納税の返礼品では肝付町は食べ物などを送っていますが、40万円以上だと福祉関係の返礼品になっています。

ちょっとおしゃれな車椅子

いかにも車椅子とわかるものではなく、おしゃれにもこだわりたいというのであれば、大分県日出町が日金属製の空港用竹の車いすを返礼品として用意しています。187万5,000円以上の寄付でもらえる高額返礼品となっています。世界初の非金属性空港用竹製車いすで、現在羽田空港の日本航空JALで使用されているものです。グッドデザイン賞を受賞していて、ここでしか手に入らない特別な車いすです。
そのほか、日出町では一般用竹の車いす(タイプL)も用意しています。こちらは125万円以上の寄付でもらうことができます。木でできているので、金属製に比べて暖かさが感じられるデザインです。スタンダードなフォルムで、柔らかさと安心感があります。
介護が必要な環境であれば、ふるさと納税で寄付してみるといいでしょう。

ふるさと納税は福祉・バリアフリー用品も

ふるさと納税の返礼品として、福祉・バリアフリー用品を用意している自治体もあります。返礼品は食べ物ばかりというイメージが強かったのですが、最近では雑貨や生き物、そして福祉・バリアフリー用品などの変わったものも返礼品になっています。
寄付する金額によってもらえる品物のレベルは異なるので、高額なものが欲しければそれなりの金額を寄付する必要があります。
例えば、高額なものだと鹿児島県肝付(きもつ)町が介護用ボータブルトイレ(リモコン付き)を用意しています。40万円以上の寄付でもらうことができます。自宅にトレイがあってもそこまで行くのが大変、面倒という場合に使えるグッズです。木製でトイレではなく椅子のように見えるデザインです。最新式のウォッシュレットで暖房便座、脱臭機能などがついています。

車椅子をもらいたいなら

鹿児島県肝付町では、介護用車椅子(次走式/介助式兼用)も用意しています。これも40万円以上の寄付が対象になっています。プロの現役介護士が選んだ多機能車椅子で、介護者にも使いやすい作りになっています。サイズ調整が細かくできて、体型に合わせることができます。アームサポートの跳ね上げ、フィットレッグサポートの回転や取り外しが可能です。クッションは高反発ウレタンフォームが使われているので、快適な乗り心地です。
鹿児島県肝付町は高齢化率が高く、過疎地域市町村になっています。そのため、返礼品としても福祉・バリアフリー用品に特化したものに目をつけているようです。
これより下の金額のふるさと納税の返礼品では肝付町は食べ物などを送っていますが、40万円以上だと福祉関係の返礼品になっています。

ちょっとおしゃれな車椅子

いかにも車椅子とわかるものではなく、おしゃれにもこだわりたいというのであれば、大分県日出町が日金属製の空港用竹の車いすを返礼品として用意しています。187万5,000円以上の寄付でもらえる高額返礼品となっています。世界初の非金属性空港用竹製車いすで、現在羽田空港の日本航空JALで使用されているものです。グッドデザイン賞を受賞していて、ここでしか手に入らない特別な車いすです。
そのほか、日出町では一般用竹の車いす(タイプL)も用意しています。こちらは125万円以上の寄付でもらうことができます。木でできているので、金属製に比べて暖かさが感じられるデザインです。スタンダードなフォルムで、柔らかさと安心感があります。
介護が必要な環境であれば、ふるさと納税で寄付してみるといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう