ふるさと納税だとゆるキャラグッズがもらえる

ふるさと納税だとゆるキャラグッズがもらえるのをご存知でしょうか?
ここではゆるキャラグッズがもらえる自治体をご紹介いたします。

-AD-

ゆるキャラグッズが欲しいなら

地域のゆるキャラグッズが欲しいならば、ふるさと納税に寄付するという方法があります。ネットから寄付することができるので、観光地に行かなくてもグッズを手に入れることができます。
どういうものがあるかというと、例えば神奈川県の厚木市では「あゆコロちゃん」のお勉強セット、オフィスセット、ぬいぐるみ、キッチンセット、などがもらえます。
厚木市は神奈川県のほぼ中央に位置しており、市政運営のための費用を集めています。厚木市出身ではな胃人からの寄付も歓迎しています。
ふるさと納税は企業が寄付することもできるので、オフィスセットは向いていそうです。
他には岐阜県の大垣町なら「おがっきぃ」のグッズがもらえます。グッズセットやぬいぐるみなどで、可愛いものを集めたい人にぴったりです。

ふるさと納税の寄付金と選べるグッズ

ふるさと納税の寄付金によってもらえるグッズが変わるので、欲しいグッズがある寄付金を送るようにしましょう。
例えば、先ほどの神奈川県厚木市の「あゆコロちゃん」のぬいぐるみの大サイズが欲しいならば、5,000円〜1万円未満を寄付する必要があります。
寄付金は好きなように設定できますし、ひとつの地区だけではなく様々な地区に同時に寄付することができるので、欲しいグッズがある地区に同時に寄付してみてもいいでしょう。
ゆるキャラグッズをもらえることを子供に教えれば、ふるさと納税や控除などの仕組みに、小さい頃から関心を持たせることができるかもしれません。
その場合は親のお金が必要になりますが、寄付で誰かを助ける大切さと、難しい納税の仕組みに興味を持たせるのにはいい機会です。

グランプリもやっている

ふるさと納税では、ゆるキャラグランプリ実行委員会が企業と協力してグランプリも行っています。
投票のために必要なID登録者の数は順調に増えており、2015年10月2日では110万人を超えています。
人気投票でどこのキャラが一番かということを決める楽しさだけではなく、地方創世の取り組みの一環として活用されています。
グランプリは公式ホームページから閲覧することが可能で、ゆるキャラページから自治体のページにリンクが貼れるようになっています。
ちなみに、2015年のグランプリで上位だったのは1位が静岡県浜松市の「出世大名家康くん」、2位が愛媛県の「みきゃん」、3位が埼玉県の「ふっかちゃん」、4位が高知県の「しんじょう君」となっています。どのキャラが愛されているのかがわかって面白いですね。

ゆるキャラグッズが欲しいなら

地域のゆるキャラグッズが欲しいならば、ふるさと納税に寄付するという方法があります。ネットから寄付することができるので、観光地に行かなくてもグッズを手に入れることができます。
どういうものがあるかというと、例えば神奈川県の厚木市では「あゆコロちゃん」のお勉強セット、オフィスセット、ぬいぐるみ、キッチンセット、などがもらえます。
厚木市は神奈川県のほぼ中央に位置しており、市政運営のための費用を集めています。厚木市出身ではな胃人からの寄付も歓迎しています。
ふるさと納税は企業が寄付することもできるので、オフィスセットは向いていそうです。
他には岐阜県の大垣町なら「おがっきぃ」のグッズがもらえます。グッズセットやぬいぐるみなどで、可愛いものを集めたい人にぴったりです。

ふるさと納税の寄付金と選べるグッズ

ふるさと納税の寄付金によってもらえるグッズが変わるので、欲しいグッズがある寄付金を送るようにしましょう。
例えば、先ほどの神奈川県厚木市の「あゆコロちゃん」のぬいぐるみの大サイズが欲しいならば、5,000円〜1万円未満を寄付する必要があります。
寄付金は好きなように設定できますし、ひとつの地区だけではなく様々な地区に同時に寄付することができるので、欲しいグッズがある地区に同時に寄付してみてもいいでしょう。
ゆるキャラグッズをもらえることを子供に教えれば、ふるさと納税や控除などの仕組みに、小さい頃から関心を持たせることができるかもしれません。
その場合は親のお金が必要になりますが、寄付で誰かを助ける大切さと、難しい納税の仕組みに興味を持たせるのにはいい機会です。

グランプリもやっている

ふるさと納税では、ゆるキャラグランプリ実行委員会が企業と協力してグランプリも行っています。
投票のために必要なID登録者の数は順調に増えており、2015年10月2日では110万人を超えています。
人気投票でどこのキャラが一番かということを決める楽しさだけではなく、地方創世の取り組みの一環として活用されています。
グランプリは公式ホームページから閲覧することが可能で、ゆるキャラページから自治体のページにリンクが貼れるようになっています。
ちなみに、2015年のグランプリで上位だったのは1位が静岡県浜松市の「出世大名家康くん」、2位が愛媛県の「みきゃん」、3位が埼玉県の「ふっかちゃん」、4位が高知県の「しんじょう君」となっています。どのキャラが愛されているのかがわかって面白いですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう