ふるさと納税の使い道は自治体にお任せもできる

ふるさと納税の使い道は自治体にお任せができるのをご存知でしょうか?
ここではそんな使いみちがおまかせができる自治体をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税を何に使ってもらうか

ふるさと納税の使い道は選ぶことができますが、決められないのであれば、自治体にお任せすることもできます。ほとんどの自治体ではお任せできるようになっているので、どんなことに使っても構わないという時には、これを選ぶといいでしょう。
ちなみに、選べる使い道は自治体によって異なります。自治体がいまもっとも必要としているところに寄付金を使えるように、自治体のホームページでどの使い道にするかを選ばせています。
もしその中で「ぜひこの事業に使って欲しい」というのがあれば、それを選べばいいです。逆に、特別ないというのであれば自治体にお任せしてしまうと楽でしょう。
実際、ふるさと納税の返礼品目当てで寄付をしている人の多くは、自治体にお任せしているケースが多いです。

使い道で人気があるのは?

ちなみに、使い道で人気があるのは、2016年9月の月別部門では1位が子育て、2位が地域・産業振興、3位が災害支援・復興となっています。
2015年の年間部門では1位が子育て、2位が災害支援・復興、3位が地域・産業振興となっています。
2位と3位は地震や台風の有無によって異なっていますが、1位の子育てについてはどの寄付者からも関心が高いようです。
自治体でも子育てに使いたいというところが多いです。例えば保育施設の充実、子供が安全に遊べる場所や器具の設置、学ぶための図書の購入費、などとして使われています。
災害関連では、2011年の東日本大震災をはじめとして、熊本地震や台風10号による東北地方の被害に対しての復興事業のために使って欲しいという人が多いようです。

選ばなくてもちゃんと使われる

使い道を指定しないからといって、返礼品がもらえなかったりといった減点はありません。むしろ、選ばないこともひとつの選択肢として載せているので、気にしなくて大丈夫です。
選ばなかった場合は、町長や市長などの各自治体の代表者が相談して決めます。もっとも不足しているところや、力を入れたい事業に向けて寄付金が使われるので心配しなくてもいいです。
ふるさと納税は自分で使い道を決められるのがメリットですが、申込日ギリギリで時間がない人や、返礼品のほうが気になって仕方ない人、自由に自治体にお金を使って欲しいと希望している人は、自治体にお任せしてみてもいいでしょう。
地域によって異なりますが、ふるさと納税は何回やっても返礼品がつくというところもあるので、そういう地域を狙って寄付しても良いです。

ふるさと納税を何に使ってもらうか

ふるさと納税の使い道は選ぶことができますが、決められないのであれば、自治体にお任せすることもできます。ほとんどの自治体ではお任せできるようになっているので、どんなことに使っても構わないという時には、これを選ぶといいでしょう。
ちなみに、選べる使い道は自治体によって異なります。自治体がいまもっとも必要としているところに寄付金を使えるように、自治体のホームページでどの使い道にするかを選ばせています。
もしその中で「ぜひこの事業に使って欲しい」というのがあれば、それを選べばいいです。逆に、特別ないというのであれば自治体にお任せしてしまうと楽でしょう。
実際、ふるさと納税の返礼品目当てで寄付をしている人の多くは、自治体にお任せしているケースが多いです。

使い道で人気があるのは?

ちなみに、使い道で人気があるのは、2016年9月の月別部門では1位が子育て、2位が地域・産業振興、3位が災害支援・復興となっています。
2015年の年間部門では1位が子育て、2位が災害支援・復興、3位が地域・産業振興となっています。
2位と3位は地震や台風の有無によって異なっていますが、1位の子育てについてはどの寄付者からも関心が高いようです。
自治体でも子育てに使いたいというところが多いです。例えば保育施設の充実、子供が安全に遊べる場所や器具の設置、学ぶための図書の購入費、などとして使われています。
災害関連では、2011年の東日本大震災をはじめとして、熊本地震や台風10号による東北地方の被害に対しての復興事業のために使って欲しいという人が多いようです。

選ばなくてもちゃんと使われる

使い道を指定しないからといって、返礼品がもらえなかったりといった減点はありません。むしろ、選ばないこともひとつの選択肢として載せているので、気にしなくて大丈夫です。
選ばなかった場合は、町長や市長などの各自治体の代表者が相談して決めます。もっとも不足しているところや、力を入れたい事業に向けて寄付金が使われるので心配しなくてもいいです。
ふるさと納税は自分で使い道を決められるのがメリットですが、申込日ギリギリで時間がない人や、返礼品のほうが気になって仕方ない人、自由に自治体にお金を使って欲しいと希望している人は、自治体にお任せしてみてもいいでしょう。
地域によって異なりますが、ふるさと納税は何回やっても返礼品がつくというところもあるので、そういう地域を狙って寄付しても良いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう