ふるさと納税でお得なスキーチケットを貰う方法

ふるさと納税でお得なスキーチケットを貰う方法があるのをご存知でしょうか?
ここではそんなスキーチケットがもらえる自治体をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税でスキーを楽しむ方法

スキーリゾートは、冬季に農作業ができない地域の住民にとって貴重な収入源です。このため、北陸や中部地方、東北・北海道でスキー場がある自治体ではふるさと納税の返礼品にスキーチケットを利用している所がたくさんあります。
ふるさと納税で貰えるスキーチケットはリフトやゴンドラの一日券が多く、1万円の寄付額に対して1枚が配布されるケースがほとんどです。リフト1日券の値段の相場ですが、小規模なスキー場であれば3千円くらい、大規模なスキー場や複数のスキー場で使える共通チケットであれば6千円弱くらいです。
スキーチケットと宿泊券や食事券などのチケットとセットで貰える自治体もあり、かなりお得です。
リフト・ゴンドラ利用券の他にも、平日のゲレンデ1日貸切券を配布している自治体もあります。
ふるさと納税を上手に活用することで、お得にスキーが楽しめる裏技があります。

還元率の高いおすすめの自治体

一番のおすすめは、岩手県北上市に1万円以上を寄付すれば「夏油高原スキー場満喫滑走プランA」が貰えます。これは、岩手県最大のスキー場である夏油高原スキー場リフト1日券・豚骨ラーメン券・夏油高原温泉入浴券・夏油高原ビール引換券のお得なセットです。
長野県 山ノ内町では、10万円の寄付で志賀高原スキー場共通リフト引換券「スーパーパス10」が貰えます。期間中に10回分の1日券がセットになっているもので、志賀高原にある19のスキー場で使えます。ちなみに志賀高原共通1日券の値段は5千円です。
長野県上田市では、5万円の寄付をすれば「菅平高原 リフト券付スキー宿泊パック×2名様分(リフト券2日分+スキーレンタル+宿泊券)」が貰えます。所得税の控除なしでも1人1日あたり12,500円で宿泊費と菅平高原スキー場のリフト券・スキーレンタルが楽しめるのです。

ふるさと納税を利用した裏技

長野県下高井郡野沢温泉村に10万円を寄付すれば、野沢温泉スキー場長坂ゲレンデのナイター貸切チケットが貰えます。これは、平日のナイターゲレンデを丸ごと貸し切れるものです。
1人で利用すれば10万円ですが、大型バス2台分(80名)の団体で利用すれば1人1250円で、通常のナイター券(1600円)よりも安くなる計算です。学校や会社、町内会などの団体で利用すれば、格安料金でナイターが楽しめます。
北海道三笠市では5千円の寄付をすると桂沢国設スキー場リフト使用料の1年間半額利用券が貰えます。半額券を使えばシーズン券以外のリフト券がすべて半額になります。例えば、2,370円の1日券であれば半額の1,185円で購入できます。半額券を5回以上利用すれば元が取れてしまう計算になります。所得税控除を利用すれば4回以下でも元が取れる場合があります。

ふるさと納税でスキーを楽しむ方法

スキーリゾートは、冬季に農作業ができない地域の住民にとって貴重な収入源です。このため、北陸や中部地方、東北・北海道でスキー場がある自治体ではふるさと納税の返礼品にスキーチケットを利用している所がたくさんあります。
ふるさと納税で貰えるスキーチケットはリフトやゴンドラの一日券が多く、1万円の寄付額に対して1枚が配布されるケースがほとんどです。リフト1日券の値段の相場ですが、小規模なスキー場であれば3千円くらい、大規模なスキー場や複数のスキー場で使える共通チケットであれば6千円弱くらいです。
スキーチケットと宿泊券や食事券などのチケットとセットで貰える自治体もあり、かなりお得です。
リフト・ゴンドラ利用券の他にも、平日のゲレンデ1日貸切券を配布している自治体もあります。
ふるさと納税を上手に活用することで、お得にスキーが楽しめる裏技があります。

還元率の高いおすすめの自治体

一番のおすすめは、岩手県北上市に1万円以上を寄付すれば「夏油高原スキー場満喫滑走プランA」が貰えます。これは、岩手県最大のスキー場である夏油高原スキー場リフト1日券・豚骨ラーメン券・夏油高原温泉入浴券・夏油高原ビール引換券のお得なセットです。
長野県 山ノ内町では、10万円の寄付で志賀高原スキー場共通リフト引換券「スーパーパス10」が貰えます。期間中に10回分の1日券がセットになっているもので、志賀高原にある19のスキー場で使えます。ちなみに志賀高原共通1日券の値段は5千円です。
長野県上田市では、5万円の寄付をすれば「菅平高原 リフト券付スキー宿泊パック×2名様分(リフト券2日分+スキーレンタル+宿泊券)」が貰えます。所得税の控除なしでも1人1日あたり12,500円で宿泊費と菅平高原スキー場のリフト券・スキーレンタルが楽しめるのです。

ふるさと納税を利用した裏技

長野県下高井郡野沢温泉村に10万円を寄付すれば、野沢温泉スキー場長坂ゲレンデのナイター貸切チケットが貰えます。これは、平日のナイターゲレンデを丸ごと貸し切れるものです。
1人で利用すれば10万円ですが、大型バス2台分(80名)の団体で利用すれば1人1250円で、通常のナイター券(1600円)よりも安くなる計算です。学校や会社、町内会などの団体で利用すれば、格安料金でナイターが楽しめます。
北海道三笠市では5千円の寄付をすると桂沢国設スキー場リフト使用料の1年間半額利用券が貰えます。半額券を使えばシーズン券以外のリフト券がすべて半額になります。例えば、2,370円の1日券であれば半額の1,185円で購入できます。半額券を5回以上利用すれば元が取れてしまう計算になります。所得税控除を利用すれば4回以下でも元が取れる場合があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう