ふるさと納税で旅行をする場合はどんなものか

ふるさと納税で旅行をする場合はどんなものでしょうか?
ここではそんなふるさと納税でもらえる旅行についてご紹介いたします。

-AD-

基本的な旅行の為のふるさと納税

ふるさと納税で旅行が出来るタイプがあります。
納税するとした所に行けると言うものです。
謝礼として行く為のクーポンを貰う事が出来ます。
其れを取り扱っている自治体は観光地としてはマイナーな所が多いのが
特徴でありきたりな観光地に飽きた人にはおいしい納税です。
クーポンはJTB西日本ふるさと納税配送センターが送付してくれます。
Yahoo!やJTBがクーポン受付をしておりYahoo!はインターネットで
JTBは電話又は店頭で申し込む事が出来ます。
ただしYahoo!のものはYahoo!IDの取得が必要で利用出来る内容も
宿泊施設だけになっているので注意が必要です。
また申し込みでログインIDやパスワードを決めなければならない仕組みなのでインターネット環境がある方が何度も利用し易い側面があります。

首都圏住まいに便利なふるさと納税

実は首都圏近辺住まいだと便利なふるさと納税の旅行のシステムがあります。
それはJTB首都圏新橋を利用する仕組みであるわけですが
他の地域によるものと新橋のJTBのものでは取り扱い区域に差があります。
それは利用出来る所の数新橋のJTBが多い事です。
特に中国や四国の区域は明らかに数が違い四国は4倍も選択数が多いのです。
クーポンの発行はJTB西日本から送付された書類のデータをインターネットで申し込みします。
しかしその代わりにそれ自体の申し込みはインターネットは非対応で予約は出来ません。
予約をするならば新橋のJTBに直接申し込みにいくか電話で申し込みとなります。
また旅行申込金はクーポン利用不可で現金かクレジットカードによる支払いでしか受付をしていないのが特徴です。

JALによるふるさと納税

JALもふるさと納税で旅行が出来るものがあります。
ただしふるさとへ帰ろうクーポンをうたっているので
どちらかと言うと里帰りの方面を積極的に打ち出しているのが特徴です。
その為観光地のものは無い傾向ですがポイントがある限り
JALで何度でも利用出来る仕組みです。
クーポンの期限は一年以内で希望の地域へ行く為のポイントと交換します。
ここでもインターネットが必要で申し込みはインターネットしか
出来ないようになっています。
その為航空券発行と言うのが存在しません。
代わりに登録したメールアドレスにe-チケット
お客様控えを送る仕様になっています。
注意が必要なのは申し込んだらキャンセルが出来無い所です。
しかも天候災害で飛行機が欠航になったら同一の
別の便に取り替えると言う仕組みになっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう