ふるさと納税を利用して牛肉たっぷりのすき焼きを食べたい

ふるさと納税を利用して牛肉たっぷりのすき焼きを食べませんか?
ここではそんなすき焼きがもらえる自治体をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税の効果は

ふるさと納税にはどのようなメリットがあるかと言えば、やはり税金の控除が受けられることと日頃はなかなか手が出せないようなお礼品を、実質的な自己負担が僅かな金額で受け取れることですね。お礼の品は各地方独特なものがあり高級食材なども多数紹介されています。その中には普通であれば羨ましいだけの牛肉も含まれておりステーキや焼肉用等の高級な牛肉等がこれでもかと言うほど並んでいます。それでも寒い季節になるとどうしてもすき焼きに心も目も奪われてしまうのですが、そのために高級な和牛を用意すれば美味しいのは分かってはいます。しかし、高級と言われる和牛を購入してしまうと経済的にも許されない事もあり諦めてしまう事が多いのではないでしょうか。しかし、ふるさと納税を利用すれば高級な和牛を入手する事もできますので、この制度はお腹にもお財布にも優しい制度ですね。

日本三大和牛の味わいは

日本三大和牛もふるさと納税のお礼の品として紹介されています。三大和牛とは、松坂牛に神戸牛、そして米沢牛ですが名前は知っていても普段はなかなか簡単には食べられないですね。すき焼きで食べてもそれぞれの特徴を残したまま美味しく食べる事ができます。まずは米沢牛ですが、ギュッと引き締まった肉質に米沢牛の大きな特徴の一つですが、それは決して硬いというのではなく、むしろ上質な差しが適度に入り例えようのない旨味ととろけるような食感を感じさせてくれます。神戸牛の脂肪は、他の和牛よりも低い温度で溶けますのでそれが神戸牛の独特の旨味として感じられるのでしょう。差しも絶妙に入り舌触りや歯応えも日本三大和牛の一つですね。松阪牛は、キメが細かく美しい差しで甘みのある味わいに特徴があります。松坂牛の差しも手に乗せただけでも溶けてしまうほどの良質な脂肪です。

全国各地の和牛を食べ比べ

すき焼きとは、食肉や他の食材を煮る等により食する日本の鍋料理の代表です。調味料は醤油や砂糖に酒などを使用するか、割下が使用され溶いた生卵をからめて食べることが多いです。寒い日には日本酒を楽しみながら皆で食べたりするのも、すき焼きの楽しみ方としては最も適した食べ方の一つですね。兵庫県宍粟市の宍粟牛や秋田県にかほ市の秋田由利牛等は酒どころで生産されている和牛ですから食していて合わない訳がありません。いまや、日本三大和牛にも引けを取らない佐賀牛もふるさと納税で紹介されており、小分けのパックでも求める事ができますので美味しかったら追加でもう一つ、等と言う事も可能です。岐阜県八百津町の飛騨牛や岩手県北上市のきたかみ牛等も美味しい和牛として紹介されていますから、気になる牛肉を頼んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう