ふるさと納税・全国のおすすめそうめんベスト3

ふるさと納税・全国のおすすめそうめんベスト3。
ここではおすすめのそうめんがもらえる自治体をご紹介いたします。

-AD-

兵庫県・手延そうめん揖保乃糸

テレビCMなどでも既にご存知の方も多いであろう、兵庫県たつの市の「揖保乃糸」。その名が表す通り、糸のように細く美しい、地元名産品。ふるさと納税の贈呈品の中でも人気の高い製品であり、全国的にも有名な逸品です。揖保川中流域のたつの市にて、毎年10月〜4月の期間に製造されており、大いなる自然の中のきれいな空気と清涼な水で作られています。グルテンの繊維が縄状に緻密に配列した揖保乃糸は、その緻密な生地と職人によって繰り返し引き延ばされた、匠の技によってすぐれた味を提供してくれます。また、たつの市はヒガシマル醤油をはじめとする薄口醤油の名産地でもあるので、そうめんつゆと一緒に楽しみたいところ。ぜひ、絶妙なる兵庫の揖保川の上級な味を堪能してみてください。

奈良県・三輪そうめん

奈良県桜井市を中心とした、三輪地方で製造されている特産品を、ふるさと納税でも味わえます。兵庫県たつの市の揖保乃糸と並んで全国区級の製品ですが、さらに言えば奈良県桜井市の三輪地方はそうめん発祥の地とされています。極寒の冬場に製造する賜物であるしっかりとしたコシが自慢で、煮崩れしにくく独特の歯応え・舌触りの良さがあります。製品のランクは通常のラインが「誉」、細くて高級な「瑞垣」の二種類に分かれています。定番の召し上がり方・冷やし素麺はもちろん、コシが強く煮崩れしにくいため、にゅうめんなどさまざまな調理法に向きます。奈良のご当地グルメである「柿の葉寿司」と一緒に楽しみたいところ。日本全国で愛されてきた味の「元祖の味」をふるさと納税でたっぷり堪能してください。

長崎県・島原手延そうめん

奈良・兵庫と来て、長崎も全国区の逸品があります。それが、ふるさと納税で人気の長崎島原市の素麺。大きな特徴として、コシの強さとツルツルとしたのどごしの良い食感で、一度食べればやみつきになることでしょう。緻密でありながら強いコシの秘密は、時間をかけて生地をこね、熟成を重ねながら伸ばしていくことにあります。熟成の段階でグルテン繊維を傷つけることなく、緻密にしっかりと組織を築き上げていきます。さらに、島原では小麦粉にグルテンを多く含む強力粉を使用しているため、より一層強いコシを生み出しています。夏は冷やして、そして冬場はそのコシの強さを活かしてにゅうめんでもおいしく召し上がることができます。地元・雲仙岳からあやかった「地獄煮」と呼ばれるにゅうめんを楽しみましょう。

兵庫県・手延そうめん揖保乃糸

テレビCMなどでも既にご存知の方も多いであろう、兵庫県たつの市の「揖保乃糸」。その名が表す通り、糸のように細く美しい、地元名産品。ふるさと納税の贈呈品の中でも人気の高い製品であり、全国的にも有名な逸品です。揖保川中流域のたつの市にて、毎年10月〜4月の期間に製造されており、大いなる自然の中のきれいな空気と清涼な水で作られています。グルテンの繊維が縄状に緻密に配列した揖保乃糸は、その緻密な生地と職人によって繰り返し引き延ばされた、匠の技によってすぐれた味を提供してくれます。また、たつの市はヒガシマル醤油をはじめとする薄口醤油の名産地でもあるので、そうめんつゆと一緒に楽しみたいところ。ぜひ、絶妙なる兵庫の揖保川の上級な味を堪能してみてください。

奈良県・三輪そうめん

奈良県桜井市を中心とした、三輪地方で製造されている特産品を、ふるさと納税でも味わえます。兵庫県たつの市の揖保乃糸と並んで全国区級の製品ですが、さらに言えば奈良県桜井市の三輪地方はそうめん発祥の地とされています。極寒の冬場に製造する賜物であるしっかりとしたコシが自慢で、煮崩れしにくく独特の歯応え・舌触りの良さがあります。製品のランクは通常のラインが「誉」、細くて高級な「瑞垣」の二種類に分かれています。定番の召し上がり方・冷やし素麺はもちろん、コシが強く煮崩れしにくいため、にゅうめんなどさまざまな調理法に向きます。奈良のご当地グルメである「柿の葉寿司」と一緒に楽しみたいところ。日本全国で愛されてきた味の「元祖の味」をふるさと納税でたっぷり堪能してください。

長崎県・島原手延そうめん

奈良・兵庫と来て、長崎も全国区の逸品があります。それが、ふるさと納税で人気の長崎島原市の素麺。大きな特徴として、コシの強さとツルツルとしたのどごしの良い食感で、一度食べればやみつきになることでしょう。緻密でありながら強いコシの秘密は、時間をかけて生地をこね、熟成を重ねながら伸ばしていくことにあります。熟成の段階でグルテン繊維を傷つけることなく、緻密にしっかりと組織を築き上げていきます。さらに、島原では小麦粉にグルテンを多く含む強力粉を使用しているため、より一層強いコシを生み出しています。夏は冷やして、そして冬場はそのコシの強さを活かしてにゅうめんでもおいしく召し上がることができます。地元・雲仙岳からあやかった「地獄煮」と呼ばれるにゅうめんを楽しみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう