各地のうどんを食べ比べて楽しめるふるさと納税

各地のうどんを食べ比べて楽しめるふるさと納税。
ここでは各地のうどんがもらえる自治体をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税で食べ比べ

ふるさと納税では、その土地の特産物や名産品など、その土地でしか手に入れることができない魅力的な贈り物を受け取ることができるところが大きな魅力で、地域ごとの特色ある名物を食べ比べる楽しみがあります。最近は、若い人から年配の人まで、お得に日本全国の美味しい食べ物をふるさと納税の贈り物として受けとり、食べ比べをすることが流行しています。地方によってこしやのど越し、太さなどに違いがあり、食べ比べてみたいのがうどんです。麺の違いはもちろん、その土地の海産物を生かしただしや伝統的なだしなど、だしの味わいにも違いがあるため、食べ比べを楽しむことができる食品として大変人気があります。ふるさと納税の負担が比較的軽いのに、たくさんの麵が送られてくるのでお得感もあります。

食べておきたいおすすめの町

きしめんで有名な愛知県には、きしめんとルーツとなった三河の味を代表する刈谷市の芋川うどんがあります。また八丁味噌を使って煮込む阿久比町もおすすめです。横手焼きそばが話題になった秋田県横手市の稲庭は、こしがあってつるりとした食感がおいしいと評判が良く、大変人気があります。
北の大地北海道は、小麦の産地として有名で、おいしいうどんがたくさんあります。美瑛町や音更町、上川町など多くの町のふるさと納税の贈り物として選ばれているので見逃せません。福岡や伊勢、大阪なども有名ですし、うどん県があるとして有名になった四国は、多数の町が名乗りを上げています。その街で伝わる伝統的な配合や製法、だしなどを堪能できるだし付きの物や詰め合わせセットなどを選ぶことがおすすめです。

合わせて食べたい名産品も楽しもう

うどんがおいしくて有名な町では、麺類自体が大変人気があることが多く、そばやラーメン、焼きそばなどのご当地面がたくさんあります。稲庭で有名な横手市では、こっくりとしたおいしさの横手焼きそばが有名です。北海道は、小麦とともに、そばの作付面積も大変多く、寒暖差が大きい気候から、風味が豊かでしっかりとした味のそばができるため、大変おいしいと人気があります。また、だしに注目してみることもおすすめで、その土地でよく獲れる魚がメインのだしやうまみが際立つ昆布だし、こくがある鳥だしなどがあり、それぞれの美味しさを味わうことができるので、楽しみが広がります。麺の好みとだしの好みや他の種類の麺類など、いろいろな楽しみ方があるので、ふるさと納税の贈り物を楽しむ人が急増中です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう