ふるさと納税の特産品の中から無洗米をチョイス

ふるさと納税の特産品の中から無洗米をチョイスする方法があります。
ここでは無洗米が貰える自治体をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税で人気の特産品とは

テレビ番組や雑誌などでも度々特集が組まれるなど、大人気のふるさと納税ですが、人気の秘密は何といっても寄付のかわりにもらえる地域の特産品です。各自治体も税収増加の大チャンスということで、いかに魅力ある特産品を提供できるかが税収に直結しますので必死です。寄付する側からすれば、これは何ともありがたい話となります。
そういうことで、日本全国から様々な魅力ある特産品がお礼として提供されていますが、人気のあるお礼にはある特色があります。寄付する側からすると、ふるさと納税のメリットとは税控除ということになりますので、最も費用対効果が良いのは、必ず購入すすことになる日常品ということになります。その代表格はお米です。ほとんどの家庭でお米は毎月のように購入しますから、最も人気が出るのも頷けるというものです。

無洗米の取り扱いについて

ふるさと納税のお礼の特産品で、最も人気となっているものの一つがお米です。特に、お米の生産地中心として全国各地の自治体が競って提供しています。ところが、普通の精米は非常に多くあるのですが、無洗米となると数が少なくなります。確かに、以前は、普通のお米のほうがおいしいという評価もありましたが、最近では、技術が向上し、普通米とほぼそん色はありませんし、炊飯器などにも無洗米用のメモリなども付いている状況です。何といっても、米を洗わずに利用でき、しかもおいしいと来たら、一度利用すると止められなくなってしまいます。共働きの家庭や大家族、あるいは、おひとりさまにとっても非常にありがたい商品なのです。こうしたことから、既に提供を始めた自治体もありますし、今後は急増していくのではないかと思われます。

無洗米を提供している自治体

お米は、常温保存ができますので、多少多めにもらっても何の問題もありません。普通米の場合には、1万円の寄付で20kg以上のお米などというところも出てきていますが、無洗米の場合には10~15kgというところです。いずれにせよ、これが実質的には2000円で手に入れることができますので、寄付金の上限まで考えると大きな節約ができることになります。人気なのは、鳥取県東伯郡北栄町の日置さん家のお米という品種で、3kg×4袋と小分けで12kgもらえます。また、東名高速ではお馴染みの静岡県牧之原市からは、特別栽培米ミルキークィーン5kgと山本耕業厳選米5kgの10kgで味比べをすることができます。さらに、秋田県大館市や島根県太田市などからも同様に提供されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう