「ふるさと納税」は、善いことをした上に、特典もゲットできて、お得!

あなたのまわりにも、「ふるさと納税」をしていると言う人、いませんか?すごい特典がもらえるので、それをお目当てにしている、といった話、聞いたことはありませんか?2008年から始まったこの制度、よく知ってみると、利用しない手はない、なかなかお得な制度なのです。どんな制度なのか、ご紹介しましょう。

-AD-

別にふるさとに納税するわけではない、ふるさと納税

名前が「ふるさと納税」なので、つい誤解してしまうかも知れません。例えば、今はA県に住んでいる或る人が、元々M県出身だったとします。では、この人がA県に住みながらふるさとのM県に税金を支払うことが「ふるさと納税」になるでしょうか?答えはノーです。あるいは、今はS市住んでいる或る人が、元々T町出身だったとします。では、この人がS市に住みながらふるさとのT町に税金を支払うことが「ふるさと納税」になるでしょうか?こちらも、答えはノーです。

応援したい自治体への寄附、それがふるさと納税

実は、「ふるさと納税」で支払うお金は税金ではないのです。寄附金なのです。また、「ふるさと」は自分の出身自治体に限りません。全国でふるさと納税を受け付けているどの自治体に寄附しても構わないのです。

元は地方自治体を応援する為の制度

2008年にこの制度がスタートしたきっかけは、地方出身の人が大人になって都会に移り、そこで納税するようになるので、育った地である地方で税収が減ることから、自分の出身の地方に恩返しができる方法として考えられたのです。そして、自分の出身地に限らず、ふるさと納税を受け付ける自治体であればどこに寄附してもよいので、自治体の間で寄附を獲得する競争が生まれ、返礼品、つまり特典がどんどん豪華になっているのです。

魅力は、寄附するともらえる特典

なので、ふるさと納税する人の側も、どこの自治体であればどんな豪華な特典がもらえるかを調べて、そこに寄附するようになっていますし、「還元率」の高さのランキングもネット上で発表されて、寄附した金額に比べて特典の商品価値がどれくらいの値打ちがあるかを判断材料にして寄附する人も多いのです。

還元率の高い特典例 その1

https://furusato-miyakonojo.jp/product/detail.php?id=0f723552db37741b72418d25a5b8d69c

特典がすごいということで人気のある例を見てみましょう。例えば、宮崎県の都城市の場合、寄附金額10,000円で都城産の宮崎牛ローススライス500gセットがもらえます。

宮崎牛と言えば、黒毛和牛の中でも肉質等級4級以上に限られていますし、カタロースで100gあたり1,200円ほど、ロースステーキ用となると100gあたり2,000円~2,300円、更に最高級の5等級のロースステーキ用では100gあたり5,000円前後という高価なものです。赤身に程よく脂肪が混ざり合い、脂がとろりとしたうまみを醸し出す逸品です。

還元率の高い特典例 その2

https://furusato-miyakonojo.jp/product/detail.php?id=e6d59a1fd3404f09b08f3b0cf00174e8

都城市のふるさと納税の特典の品揃えは、牛肉だけではありません。Mの国黒豚のしゃぶしゃぶセットも好評です。

寄附金額10,000円で都城産のMの国黒豚の下ロースしゃぶしゃぶ用500g×2とバラしゃぶしゃぶ用500g×2のセットがもらえるのです。大体市価が100gあたり500円と考えれば、還元率は100%ということになります。

寄附は5,000円からでも特典がもらえる場合も

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/22212/43980

しかし、寄附金額が10,000円以上というのは敷居が高い、と言う人もいるでしょう。特典が付くのは寄附金額10,000円からという自治体が多い中、寄附金額5,000円からでもお礼品を用意している自治体もあります。

例えば静岡県の焼津市は、寄附金額5,000円からお礼品がもらえて、豊富な品揃えの中から選ぶことができます。例えば金目鯛とアジの干物2枚ずつのセットがあります。

特典の主流は地場産品

このように、ふるさと納税と言うと大体その土地の農畜産物や海の幸がもらえるパターンが多く、例えば秋田県横手市ですとお米の「あきたこまち」がもらえたり、青森県十和田市ですとニンニクがもらえたり、山形県山形市ですとサクランボをもらえたり、香川県や香川県観音寺市ではうどんセットがもらえたりします。

地場産品には、こんなものも

飯山市ふるさと納税 返礼品情報

土地の名産品が工業製品で、それをふるさと納税の特典としてもらえる場合もあります。例えば長野県の飯山市では、液晶テレビが特典の品揃えの中に入っています。

実は、このiiyamaの製品は、飯山市内の工場で製造されている製品なのです。この特典の場合、寄附金額は45,000円からとなっています。ほかにも飯山市ではスマホ、ノートPC、デスクトップPCも特典に加えていて、寄附金額250,000円以上でもらえるノートPCもあります。

このように、地場産品といっても色々で、文房具や日用品、書籍、入浴剤など様々です。また、変わったところでは、宮城県大河原町ではグルメと並んで30,000円からの寄附金額で避難リュックセット女性用がもらえます。

まとめ

特典の品揃えは、食料品に限らず、雑貨や家電など種々様々なので、まずは応援してみたい自治体、自分が欲しいと思う品物から、お目当ての特典を用意してくれている自治体を見つけて、ふるさと納税してみてはいかがでしょうか?

別にふるさとに納税するわけではない、ふるさと納税

名前が「ふるさと納税」なので、つい誤解してしまうかも知れません。例えば、今はA県に住んでいる或る人が、元々M県出身だったとします。では、この人がA県に住みながらふるさとのM県に税金を支払うことが「ふるさと納税」になるでしょうか?答えはノーです。あるいは、今はS市住んでいる或る人が、元々T町出身だったとします。では、この人がS市に住みながらふるさとのT町に税金を支払うことが「ふるさと納税」になるでしょうか?こちらも、答えはノーです。

応援したい自治体への寄附、それがふるさと納税

実は、「ふるさと納税」で支払うお金は税金ではないのです。寄附金なのです。また、「ふるさと」は自分の出身自治体に限りません。全国でふるさと納税を受け付けているどの自治体に寄附しても構わないのです。

元は地方自治体を応援する為の制度

2008年にこの制度がスタートしたきっかけは、地方出身の人が大人になって都会に移り、そこで納税するようになるので、育った地である地方で税収が減ることから、自分の出身の地方に恩返しができる方法として考えられたのです。そして、自分の出身地に限らず、ふるさと納税を受け付ける自治体であればどこに寄附してもよいので、自治体の間で寄附を獲得する競争が生まれ、返礼品、つまり特典がどんどん豪華になっているのです。

魅力は、寄附するともらえる特典

なので、ふるさと納税する人の側も、どこの自治体であればどんな豪華な特典がもらえるかを調べて、そこに寄附するようになっていますし、「還元率」の高さのランキングもネット上で発表されて、寄附した金額に比べて特典の商品価値がどれくらいの値打ちがあるかを判断材料にして寄附する人も多いのです。

還元率の高い特典例 その1

https://furusato-miyakonojo.jp/product/detail.php?id=0f723552db37741b72418d25a5b8d69c

特典がすごいということで人気のある例を見てみましょう。例えば、宮崎県の都城市の場合、寄附金額10,000円で都城産の宮崎牛ローススライス500gセットがもらえます。

宮崎牛と言えば、黒毛和牛の中でも肉質等級4級以上に限られていますし、カタロースで100gあたり1,200円ほど、ロースステーキ用となると100gあたり2,000円~2,300円、更に最高級の5等級のロースステーキ用では100gあたり5,000円前後という高価なものです。赤身に程よく脂肪が混ざり合い、脂がとろりとしたうまみを醸し出す逸品です。

還元率の高い特典例 その2

https://furusato-miyakonojo.jp/product/detail.php?id=e6d59a1fd3404f09b08f3b0cf00174e8

都城市のふるさと納税の特典の品揃えは、牛肉だけではありません。Mの国黒豚のしゃぶしゃぶセットも好評です。

寄附金額10,000円で都城産のMの国黒豚の下ロースしゃぶしゃぶ用500g×2とバラしゃぶしゃぶ用500g×2のセットがもらえるのです。大体市価が100gあたり500円と考えれば、還元率は100%ということになります。

寄附は5,000円からでも特典がもらえる場合も

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/22212/43980

しかし、寄附金額が10,000円以上というのは敷居が高い、と言う人もいるでしょう。特典が付くのは寄附金額10,000円からという自治体が多い中、寄附金額5,000円からでもお礼品を用意している自治体もあります。

例えば静岡県の焼津市は、寄附金額5,000円からお礼品がもらえて、豊富な品揃えの中から選ぶことができます。例えば金目鯛とアジの干物2枚ずつのセットがあります。

特典の主流は地場産品

このように、ふるさと納税と言うと大体その土地の農畜産物や海の幸がもらえるパターンが多く、例えば秋田県横手市ですとお米の「あきたこまち」がもらえたり、青森県十和田市ですとニンニクがもらえたり、山形県山形市ですとサクランボをもらえたり、香川県や香川県観音寺市ではうどんセットがもらえたりします。

地場産品には、こんなものも

飯山市ふるさと納税 返礼品情報

土地の名産品が工業製品で、それをふるさと納税の特典としてもらえる場合もあります。例えば長野県の飯山市では、液晶テレビが特典の品揃えの中に入っています。

実は、このiiyamaの製品は、飯山市内の工場で製造されている製品なのです。この特典の場合、寄附金額は45,000円からとなっています。ほかにも飯山市ではスマホ、ノートPC、デスクトップPCも特典に加えていて、寄附金額250,000円以上でもらえるノートPCもあります。

このように、地場産品といっても色々で、文房具や日用品、書籍、入浴剤など様々です。また、変わったところでは、宮城県大河原町ではグルメと並んで30,000円からの寄附金額で避難リュックセット女性用がもらえます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう