高畠町が行うふるさと納税の内容

山形県高畠町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

高畠町の紹介とふるさと納税の推移

高畠町は、山形県の南東に位置し、福島県、宮城県の2県に接する人口24,095人を有する町です。東部の奥羽山脈を始めとして町の半分以上を林野が占め、屋代川・和田川によって開けた扇状地では農業が営まれています。中でもブドウの1種、デラウエアは生産量日本一を誇り、特産物の1つでもある高畑ワインは広く知られています。
高畠町のふるさと納税は、制度初年平成20年には7件の寄附で360,000円が寄せられています。その後、平成22年の655,000円を除き、24年までは30万円台から40万円台で推移をしています。平成25年には12件で1,025,000円の寄附があり、26年は976,000円、平成27年においては104件の寄附に対して2,954,082円の寄附が寄せられています。

ふるさと納税が活用される事業内容

山形県高畠町ではふるさと納税で行う事業として、4つの分野と、使い道を町長に一任する「町長におまかせ」の、全部で5つの内容を設けています。4つの内容は、福祉分野としての「.温かい心を育む福祉のまちづくり」、観光分野としての「豊かな自然と“食”に恵まれた観光のまちづくり」、教育分野としての「若い力を伸ばす教育のまちづくり」、環境分野としての「自然環境を大切にするまちづくり」があり、「町長におまかせ」を含めて、申込では分野を選んで寄附をすることができます。各分野にはどのような事業を中心として活動を進めていくのか掲げられており、例えば環境分野では、町の基幹産業でもある農業に関して有機農業や低農薬栽培による安心安全な食の提供がああり、他に、豊かな森林資源の活用と保全、生ごみの資源化対策、再生可能エネルギーの積極的な導入などが活動内容となります。

ふるさと納税で贈られる返礼品について

山形県高畠町では、ふるさと納税のお礼として、寄附金額5,000円以上の人を対象に町の特産品を贈呈しています。商品は、洋菓子や調味料、漬物、米、果物、日本酒、ワイン、畜産加工品など地域を代表する特産品が用意されており、寄附金額に応じてコースから選ぶことができます。
コースには、Aとなる5,000円以上10,000円未満、Bとなる10,000円以上100,000万円未満、Cとなる100,000円以上の3つがあり、他に限定コースとして20,000円以上が設けてあります。
商品は各コース共に金額に幅があるものの、ラインナップされている商品としては、5,000円、10,000円、100,000円の3つのみになっており、それぞれ、5商品、18商品、5商品が用意されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう