小国町の白い森構想をふるさと納税で応援

山形県小国町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ブナ林が広がる豪雪地帯

小国町は山形県の西南にあり、新潟県と山形県の県境に位置しています。県庁所在地の山形市と新潟市のほぼ中央(80kmずつ)にあるという特徴もあります。
朝日連峰や飯豊連邦といった雄大な山並みに包まれていて、ブナの原生林や落葉広葉樹が町全体を覆うようにして広がっています。日本海側気候なので、夏は雨が多くて冬は豪雪地帯になります。
厳しい環境の中ではありますが、雪や雨のおかげで水資源が豊かで、そこからたくさんの恵みを受けています。
小国町はブナと雪から連想できる「白」をもとにして、町全体が「白い森公園」という思い出事業を展開しています。
「白い森構想」という事業で、このためにふるさと納税の寄付金が使われています。この構想は短期間ではなく何百年もかけて実行していく予定です。

クレジットカードによる寄付が可能

山形県小国町へのふるさと納税の寄付は、クレジットカードで行うことが出来ます。
小国町のふるさと納税サイトから「お申し込み」を選び、入力欄にメールアドレスを入力して「寄付を開始する」ボタンを押せばOKです。
メールアドレスに「寄付開始通知メール」が来るので、メール納付用URLにアクセスし、画面の指示に従って個人情報や支払い情報を入力して寄付手続きをします。
ここで寄付金額に応じて返礼品を選ぶことができます。住所は確定申告を受ける住所を入力します。
アドレスに寄付完了メールが届き、カード会社からの入金を小国町の自治体で確認したら、受領書と一緒にお礼の返礼品が贈られてきます。
ふるさと納税の寄付金の使い道を選ぶことができるので、応援したい事業を選んでみましょう。

肉とお酒が返礼品のメイン

小国町のふるさと納税の返礼品は、肉と日本酒がメインです。
日本酒では、限定100本で「羽前桜川・純米大吟醸」が1万円以上の寄付で選べます。手作業による少量生産品です。
山形県は豊かな自然に囲まれているおかげで、肉の質もいいです。特に人気があるのは山形牛で、焼肉用やステーキ用の肉がもらえます。
他にも、米沢牛の焼肉用やサーロインステーキの肉ももらうことができます。
どれも1万円の寄付でもらえて、量が多いのでお得感があります。
4万円以上の寄付だと、山形牛のみそ漬けなども選べるようになります。
また、1万円の寄付で1名が泊まれる温泉施設のランチ付き日帰り入浴券をもらうこともできます。部屋での休憩と、入浴を楽しめます。昼食は山の幸がたっぷり出て、さらにお土産ももらえます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう