大石田町が行うふるさと納税の内容

山形県大石田町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

大石田町の紹介とふるさと納税の推移

大石田町は、山形県北東部に位置する、人口7,187人を有する町です。かつては町域を流れる最上川最大の船着き場として栄え、当時造られた特殊堤防や、旧家や蔵が残る町でもあります。寒暖差を利用したそば作りな盛んな町であり、環境省かおり風景100選に「大石田町そばの里」として選ばれるなど、玄そばの生産量は県内トップクラスとなっています。
大石田町のふるさと納税は、制度初年平成20年は22件の寄附に対して485,000円の寄附金が寄せられています。翌21年には2,480,000円に増加をし、22年から25年までは100万円台で推移しています。26年には250件で7,950,000円の寄附があり、平成27年においては2,842件の寄附に対して寄付金額48,315,001円と、大きく増加をしています。

ふるさと納税で行われる事業内容

山形県大石田町で行うふるさとの納税の事業には6つの内容が掲げられています。事業には、生活基盤関連の「快適で住みよいまちづくりに関する分野」、教育・文化関連の「香り高い文化や創造性を育むまちづくりに関する分野」、生活環境・福祉・子育て支援関連の「心の通い合う健康で明るいまちづくりに関する分野」、産業経済・観光関連の「心豊かで活力あるまちづくりに関する分野」、その他全般としての「力を合わせ参画する潤いのあるまちづくりに関する分野」、使途特定のない町長にお任せがあり、申込では事業を指定して寄附をすることができます。
それぞれの事業には具体的な支援が設けられており、例えば、代表的な特産品のソバに関しては、産業・観光関連での「大石田まつり」などのイベントがあり、体験型観光などを通してのブランド化への支援にも寄附金が活用されます。

ふるさと納税で贈られる返礼品について

山形県大石田町では、ふるさと納税のお礼として特産品を中心とした商品の贈呈を行っており、米や野菜、果物や肉類、麺類、加工食品などの食べ物から、酒類、雑貨や日用品、民芸品、宿泊券など、多くの商品を用意しています。それぞれの商品は寄附金10,000円以上の人を対象として贈られ、寄附者は設けれたコースから選ぶことができます。
大石田町が設ける返礼品の特徴として米専用のコースが設けられている点があり、ここでは、1万円以上から10万円以上まで、全部で7つ用意されています。また、限定品としても、クリスマス限定20,000円以上、納税ポータルサイト限定として10,000円以上、40,000円以上の2つがあります。
通常コースとしては、10,000円以上から2,000,000万円以上までの9つがあり、10,000円以上には最も多い、32商品がラインナップされています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう